a0070_000148_m

韓国大法院(最高裁)は、すでに新日鉄住金への判決で徴用工への賠償命令の路線を引いていた。昨日、三菱重工への徴用工と勤労挺身隊員に対する賠償判決も同じ流れである。再度、日韓基本条約を否定する判決が下されたのだから、日本は国際司法裁判所で最終判断を仰ぐほかない。これ以上、感情論判決への反論をしても時間の無駄であろう。韓国の法意識がいかに世界から遅れているか。それを認識させるべきだ。

 

『中央日報』(11月30日付)は、「徴用判決への対策、ためらう余裕ない」と題する社説を掲載した。

 

(1)「昨日、強制徴用および勤労挺身隊被害者に対する韓国最高裁の賠償判決が下され、最悪の韓日関係が奈落に落ちている。今回の判決は先月30日の徴用被害者に対する賠償責任を認めた最高裁全員合議体の判断の後に出たもので、予想されたものだった。こうした中で21日には慰安婦問題の解決のために設立された『和解・癒やし財団』の解散が発表され、韓日関係に及ぼす悪影響は致命的かもしれない。実際、日本政府は河野太郎外相の談話を通じて『国際裁判や対抗措置も含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、毅然とした対応を講ずる考えだ』と宣言した。徴用判決で韓国に対する日本の世論は悪化するだけ悪化している。27日には埼玉県秩父市が来月から実施する予定だった江陵(カンヌン)との相互派遣プログラムを延期した」

日本政府は、かねてからこういう判決が出ることを予想し、国際司法裁判所への提訴の準備を進めてきた。もはや、日韓関係を正しい方向へ戻すためにも、ためらうことなく提訴するべきだ。日本が、日韓基本条約で支払った「無償3億ドル」は、個人への支払いを含めた金額である。日本は、この無償3億ドルのほか、合計で11億ドル以上の資金を提供して韓国経済の復興を支援した。その日本が現在、韓国大法院から「人権には永久に時効がない」、とまで見下された説教を受ける身になった。

 

(2)「裁判で勝った被害者が強制執行を通じて日本企業から物質的な補償を受ける場合、戻ることのできない橋を渡ることになる。どうにかして政府は後遺症を最小化する妙案を一日も早く見いださなければいけない。北朝鮮の核問題だけでなく北朝鮮のインフラ開発など外交安保的な側面で日本の力が必要な時が近づいている。隣国との関係を必要以上で悪化させてはいけない」

 

韓国が、どんなに力んだところで、依然として日本の経済力の笠を必要としている。その大事な「命綱」を足蹴にして意気揚々としている構図が何とも可笑しく映るのだ。韓国市民の方が、はるかに日本について正しい認識を持っている。以下に、韓国人のコメントを取り上げる。

 

『朝鮮日報』(11月30日)は、「『強制徴用、三菱重工への賠償命令』記事への韓国読者コメント」と題する記事を掲載した。

 

日本による強制徴用被害者が日本企業を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で、29日、再び原告勝訴の判決が出た。以下は判決を伝えた韓国語版記事「三菱重工業、強制徴用・勤労挺身隊被害者に賠償せよ」(291013分入力。日本語版未掲載)に寄せられた読者コメント。

■賛成順

チョン・ホウォン(africa ****)さん

実現しない賠償、責任を負えない正規雇用化、不可能な所得主導成長、逆行する脱原発。こうしたすべての中でも最たるものはイヌ・ブタしか信じていない北朝鮮の非核化。

賛成49反対3

イ・ウォンヨル(cys0 ****)さん

韓日請求権協定当時に日本が要求した通り、在日朝鮮人をはじめとするすべての朝鮮人労働者に対して、日本政府の代わりに韓国政府が個人賠償することにしたなら、カネを渡した日本とカネを受け取った韓国政府がその責任を履行すればいいことだ。カネを受け取った政府はどこに行き、約束はなぜ守られないのか? 支離滅裂な言動はもうやめろ、判事たちめ。

賛成33反対1

イ・ウォンヨル(cys0 ****)さん

大韓民国政府は卑劣で卑怯だ。韓日請求権協定当時、政府が代表してカネを受け取ったのに、法の手先(裁判官)を通して慰謝料として賠償を再び求めるのが正しいと言えるのか? 韓国政府が補償すべきだ。日本は当時、個人賠償を直接して、こうした問題の発生を防ごうとしたが、韓国政府が全部手に入れたんだよね。じゃあ韓国政府に責任があるのでは?

賛成28反対2

イ・ウォンヨル(cys0 ****)さん

韓日協定で終わったことをなぜまた「カネ、カネ」というのか。韓国政府が受け取ったのだから、韓国政府に「よこせ」と言うべきだ。だから「チョーセンジン」と言われるんだ。日本政府は当時、「お前らの政府は信じられない。今後問題が発生するから直接個人賠償をする」と主張したが、韓国政府が丸ごと全部受け取って食いつぶし、また『カネを出せ』と言っている。数百兆ウォン(数十兆円)以上のカネを受け取っておきながら、商道徳なんてあるものか。

賛成25反対4

■反対順

チョ・ドンアム(s ****)さん

日本のやつらの反人倫的な悪質さは公訴時効がない。当然、日本のやつらが賠償しなければならない。これ同じく、親日売国行為で蓄積した財産と権力は公訴時効がない。最後まで追跡し、すべて没収して初めて正義がよみがえる。親日売国奴をえぐり出すことこそ大韓民国に精気を取り戻すことができる方法だ。

賛成4反対20

イ・ソンジン(277 ****)さん

何でここでチョッパリ(日本人の蔑称〈べっしょう〉)の肩を持っている人々を自国民だと言えるのか。お前らのようなやつらがいるから先祖は苦労したんだし、いまだに騒々しい。協力はするが、忘れない。あいつらから真の謝罪を受けて初めて未来が見えるというものだ。ドイツはやることがないから毎年謝罪しているとでもいうのか? お願いだから変なやつらはこの国から去ってほしい。

賛成5反対14

オ・スンホ(kok ****)さん

実際には強制的に連行されても食べることもできず、賃金も受けとれずに働いていたということだ。当時の徴用は朝鮮人地域割当制により強制的に連れて行かれたものだ。小さい時に連れて行かれなかった子どもたちは飢え死んだ。解放(日本による植民地支配からの解放=日本の終戦)後、すぐに賠償を開始していたら、個人も主張して賠償を受け取っていただろう。日本は敗戦後にこじき国になり、賠償能力もなかった。625戦争(朝鮮戦争)の戦争特需で、米軍の軍需品生産により日本は再建され、625戦争中に米国の軍政から独立した。韓国はまだ戦争中だった。韓日協定なんて夢見ることもできなかった。個人補償なんて夢のまた夢だった。625戦争で廃虚になった韓国はアフリカのより貧しいこじき国になった。国民すべてが生きることに精いっぱいだった。

賛成0反対7

 

メルマガ8号 「日本に背を向ける韓国、来たるべき経済危機をどう克服するのか?」が、『マネーボイス』で紹介

まぐまぐの『マネーボイス』で抜粋が紹介されています。どうぞお読みくださるようお願い申し上げます。

https://www.mag2.com/p/money/590125

ここをクリックしていただければアクセスできます。