韓国という国は一筋縄で行かない国である。日本の防衛省が映像を公表したら、それを悪用して、「レーダー照射はしていない」。「北朝鮮の漁船を救助中に威嚇して低空飛行した」。「これは人道に反する行為であり、謝罪せよ」。「ついては、その件で会談しよう」と言ってきた。

 

最初からの経緯を記憶している者にとっては、論点をすり替えていることは明確。ばかばかしいほどの幼稚な屁理屈を並べてきた。日本の防衛省は、このように話をすり替える相手と会うべきでない。冷却期間をおいて反省させることが必要だ。

 

『時事通信』(1月2日付に)は、「韓国国防省、低空飛行で日本に謝罪要求、哨戒機レーダー照射問題」と題する記事を掲載した。

 

(1)「海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省報道官室は2日、声明を出し、哨戒機が『人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした』として、謝罪を要求、実務協議の開催を呼び掛けた。また、『わが国の艦艇は哨戒機に(火器管制用)追跡レーダー(STIR)を照射しなかった』と重ねて否定。『日本はこれ以上、事実を歪曲する行為を中止すべきだ』と主張した。韓国国防省が日本への謝罪要求という強硬対応に転じたことで、日韓間の対立が一層深刻化し、防衛協力全般に影響が及ぶ懸念も出てきた」

 

あの動画を見て、北朝鮮の遭難船を救助中とは想像もできない、そういうサインが出ていた訳でもなく、これこそ「後講釈」である。これを以て、日本に謝罪せよと迫ること自体ナンセンスである。

 

ならば、日本の哨戒機が韓国駆逐艦に対して、艦名とナンバーを告げてまで問合せをしたが、沈黙していた理由は何か。英語が下手で聞き取れなかったと言い逃れしているが、駆逐艦に付けられたナンバーは聞き取れたはずだ。反日という悪意がなければ、「救助中」と答えたはず。後知恵で屁理屈を並べているに過ぎない。

 

日本は、韓国から謝罪を要求されているが、そんな理不尽な目的の会合に顔を出すはずがない。日本の安全保障にとっての韓国の位置は、すでに大幅に低下しているのだ。換言すれば、日本にとっての韓国は、安全保障上で「必要欠くべからざる」国でなくなっているのだ。韓国には、その認識がゼロである。相変わらず、日本から重視されている国と錯覚しているのだ。

 

日本政府が、安全保障政策の基本的指針「2018年の防衛計画の大綱」を発表したが、韓国を米国、豪州、インド、東南アジアに次いで5番目に「格落ち」させている。従来、韓国は米国に次ぐ位置にあった。その韓国が、もはや日本にとって頼りにならない国に成り果てたのだ。何かにつけて「反日」を鮮明にする韓国政府とは、縁を切るとまでは言わないまでも、ASEAN以下の存在に位置づけた。こういう韓国から、「謝罪せよ、そのための会合を開こう」ということに、日本がまともに反応する必要はない。

 

日韓関係は、すでに決別したのも同然の関係になっている。この問題は、4日発行の私の「メルマガ18号」で徹底分析する。ぜひ、購読をお願いしたい。

 

(2)「声明は、『日本側が公開した動画に見られるように、友好国の艦艇が公海上で遭難漁船を救助している状況で、日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をしたこと自体が非常に危険な行為だ』と指摘した。さらに、『韓日国防当局間で事実確認のため、実務協議を継続するという合意にもかかわらず、日本は動画を公開し、高官までテレビのインタビューで一方的な主張を繰り返している』と批判、『深い遺憾の意』を表明した」

 

日本側は、韓国駆逐艦が何をしているのか分らないので、高度を上げたり下げたりして様子を見ていたにすぎない。そうであれば、なぜ、日本の哨戒機にその旨を連絡しなかったのか、落ち度は韓国にある。後講釈で屁理屈を並べるべきでない。

 

ここで、レーダー照射問題が発覚して以来の、韓国側の主張を箇条書きしておく。動画公開後に、論点をすり替え居直っていることがはっきりする。

 

    韓国がレーダー照射したのは、北朝鮮船の捜索を行なうべくレーダー照射していたところへ哨戒機が進入して「意図せざる照射」になった。

    動画公開で、韓国駆逐艦の近くに漁船らしきものが映っていた。これは、①の説明を覆すもので、意図的に日本の哨戒機にレーダー照射していたことが判明。

    日本が機密上の理由で、レーダー照射に関する韓国の周波数を発表しないことを理由に、動画上のレーダー照射を噓と言い出した。

    一転して、日本非難に転じてきた。韓国が北朝鮮遭難船を救助している所へ低空飛行し威嚇した。これは、非人道的な行為で謝罪せと高姿勢になった。

    動画で明らかなように、北朝鮮遭難船は、韓国駆逐艦の画面の奥に小さく映っており、威嚇するには、距離が遠すぎる。韓国駆逐艦の真上を飛行した訳でない。離れて飛行している。

 

以上によって、今回の韓国側の言い分が途中でどのように変ったかが分る。こういう韓国軍を「友軍」と呼ぶには余りにも「反日的」過ぎる。まさに、「後ろから鉄砲を撃ってくる」裏切り軍隊の色彩が濃厚である。信頼関係の欠ける国との友軍関係はあり得ない。韓国とは、安保面で「手を切る」のは当然であろう。

 

メルマガ15号 「貿易戦争で疲弊する中国、改革派が追い詰める習近平」が『マネーボイス』で紹介されました。

まぐまぐの『マネーボイス』で抜粋が紹介されています。どうぞお読みくださるようお願い申し上げます。

https://www.mag2.com/p/money/612755
ここをクリックしてください。