ムシトリナデシコ
   

けさ、下記の目次で発行(有料)しました。よろしくお願い申し上げます。

 

北朝鮮と左派史観で共通

教科書改訂で統一準備へ

日韓対立で安全保障に穴

米韓対立が生む真の危機

 

日韓関係は、日韓基本条約(1965年)締結以来、最悪の事態に陥っています。文在寅政権になって、過去の日韓外交の基本的な仕組みがすべて壊されました。慰安婦問題、徴用工問題などは、長年にわたり日韓両政府がガラス細工のように、慎重に解決策を求めてつくり上げたものです。最近では、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題まで起こっています。日韓の外交関係が、ギクシャクしていることを反映した「反日」の一環と見られます。

 

日韓関係がこのように、角突き合わせた関係になったのは、文政権が初めてではありませんが、その「破壊度合」は最も強烈と言えます。それは、南北朝鮮で融和ムードが高まっており、将来の統一を視野に入れた行動が可能になったと判断している点も影響しているのでしょう。南北統一は、連邦制を前提にしていますが、朝鮮民族としてまとまり、日本へ対抗可能と見ているようです。

 

北朝鮮と左派史観で共通

文政権は、その準備を着々と始めています。南北朝鮮が連邦を組むためには、歴史観の一体化を行なわなければなりません。文在寅政権が、急激な「左派史観」に傾いている理由です。

 

左派史観とは, 朝鮮民族の優秀性という歴史観です。その優秀な朝鮮民族が、日本の植民地にされて発展が阻害されたとの認識です。「反日」の原点はここにあります。左派史観の主な内容は、次の二点です。

 

.資本主義萌芽論は、李氏朝鮮後期に資本主義の萌芽が存在したという立場です。それが、日本の植民地支配により芽が摘まれてしまったというものです。

 

.内在的発展論は、日本の植民地支配に関係なく朝鮮は経済発展できたという見解です。これは、日本の植民地支配への屈辱を晴らす根拠になっています。

 

これらの説に立てば、韓国の独立後の政治や経済を指導した李承晩・初代大統領。また、「漢江の奇跡」と言われた高度経済成長を実現させた朴正熙大統領は、忌むべき存在として否定されます。彼らの強権的な政治手法によらずとも、韓国の優れた民族性によって、経済成長は実現したはずだと見ているのです。

 

文在寅大統領は、経済成長優先政策から脱して、平等な分配を実現できる社会が韓国の理想であると言い続けています。この背景は、左派史観の特色である内在的発展論に依拠していることが分ります。言外に、文政権の最低賃金の大幅引上げは、必ず成功という信念に燃えています。この信念を支えるのが左派史観です。

 

韓国は、左派史観が支配的とはいえ、これに対抗する実証史学も存在します。実証性を重視し、客観的、科学的な歴史研究を唱えたグループです。この人たちの研究によれば、植民地時代に朝鮮は工業化が始ったとしています。これが、植民地近代化論です。国際的に認められた研究成果も出ています。だが、左派史観の強い韓国では、まともな扱いを受けていません。植民地近代化論は、植民地支配を正当化するものとして非難されています。

 

以上のように、韓国では歴史観をめぐって激しい政治的な対立を起こしています。韓国人のアイデンティティをめぐる論争とも言えます。「反日問題」は、ここでもみくちゃにされて、政争の具にされているのです。左派史観に立てば、元徴用工問題は朝鮮民族の誇りを蹂躙された行為である。日本企業への請求権に時効はなく、永遠に請求可能という論理になるのでしょう。

 

教科書改訂が統一準備

文在寅政権は、南北の連邦制を前提にして教科書の内容を変更しようとしています。

 

韓国教育部(省に相当)は1月3日、初等学校(小学校)36学年の数学、社会、科学(理科)の国定教科書を2022年から検定に切り替える方針を明らかにしました。内容に誤りがあった場合でも、出版社が拒否すれば審査を通過させる条項も加えられるというのです。これは一見、言論の自由を認めた立場を表明していますが、左派史観がたっぷりと盛り込まれる前兆と言えます。

 

韓国の左派史観は、歴史を政治的な反対派を攻撃する手段に利用しています。この結果、何が起るのかと言えば、韓国の独立後のめざましい経済発展の歴史が、民族の誇りでなく「恥ずかしい歴史」にすり替えられています。(つづく)