a0960_005446_m
   

中国政府は、少数民族の「浄化」を狙っている。かつて清国が満州族によって創建され、漢族はその支配下に組み込まれた経験を持つ。それだけに現在、少数民族への弾圧は苛烈をきわめている。帝国の国力が衰えると謀反が起るという「帝国衰亡」の教訓からもヒントを得ている弾圧である。

 

新疆ウイグル族が、気の毒にも目の敵にされ、弾圧対象にされている。

 

中国共産党は、新疆ウイグル自治区の1400万人のチュルキ語系イスラム教徒(その大半はウイグル族)の中には暴力的で過激な傾向を持つ者がいると主張し、これに対処するための強力な対策を進めてきた。国連の専門家らによれば、この「過激化阻止」目標達成のため、中国当局は、100万人ものイスラム教徒を抑留施設に収容し、他の多くの人々を電子機器による監視下に置いた。中国の指導者らは、これら収容施設について、職業訓練センターだと説明し、世界的なテロとの戦いの新戦略として宣伝している。以上は、『ウォール・ストリート・ジャーナル』(3月22日付け)が伝えた。

 

中国が、ウイグル族を弾圧すれば反発され、「過激化」するのは当然である。原因をつくったのは中国である。ゆえに、100万人ものイスラム教徒を抑留施設に収容し、他の多くの人々を電子機器による監視下に置くのは許されない暴挙である。中国という国は、どうして次々とこういう人権弾圧事件を引き起こすのか。国際社会は断固、立ち向かって止めさせなければならない。北朝鮮に準じて経済制裁を加える必要がある。

 

『大紀元』(3月23日付け)は、「中国当局、新疆訪問要請、欧州外交官ら宣伝に利用されると警戒」と題する記事を掲載した。

 

中国新疆ウイグル自治区の強制収容施設に対する国際社会の非難が高まるなか、中国当局はこのほど、欧州各国の駐中国大使や外交官に新疆ウイグル自治区の視察を口頭で要請した。大使らは、新疆訪問が中国当局の宣伝目的に利用されることを懸念する。ロイター通信が20日伝えた。

 

ここへ来て、新疆ウイグル自治区の弾圧事件が、国際問題として取り上げられている背景に注目すべきである。中国経済の力が落ちてきたことの反映である。仮に、中国から嫌がらせを受けても、各国がそれを跳ね返す力を持ってきたことの表れだ。もはや、「中国を恐れる必要がなくなった」ことを意味するもの。中国からのしっぺ返しを恐れなくなってきたのだ。中国は、「日没する国」という認識が広がっている。

 


(1)「報道によると、中国当局は各国の大使らに対して3月末に、新疆ウイグル自治区を訪問するよう要望を出した。実現すれば、大規模な西側外交団による初めての新疆ウイグル自治区の訪問となる。現在欧州各国の外交官らがこの要請に応じるかどうかはまだ不明だ。また、新疆ウイグル自治区のどこの地域を訪問するのか、誰に会うのかも分からない。ロイター通信の取材に対して、中国外交部(外務省)は声明を出した。声明は、新疆地域における経済と社会の発展について欧州各国の認識を高め、欧州と中国の交流を深めるため、中国当局が欧州外交官らの新疆訪問を要請したとした。昨年、フランス、イギリス、ドイツと欧州連合(EU)など10数カ国の駐中国大使と外交官は、新疆ウイグル自治区トップ、陳全国・党委員会書記宛ての書簡で『再教育収容所』に対して懸念を示し、陳全国氏との会談を求めた。中国当局は同書簡について、いまだに返答していないという

 

新疆ウイグル族への人権弾圧は、今後一段と国際問題化していくであろう。米国では、米中貿易戦争の後に、この問題を浮上させるスケジュールが練られている。

 

(2)「一部の外交官らは、中国当局の要請を受け入れれば、新疆訪問が中国当局の対国内外の宣伝材料として利用されることを危惧する。最近、一部の外交官が新疆を訪問したが、中国政府系メディアは外交官らが『再教育収容所』を支持するかのように写真を撮影し、報道を行った。『強制収容を支持していると書かれたなら、訪問の意味がないだろう』と1人の外交官はロイター通信に述べた。ロイター通信によれば、王毅・国務委員兼外相が18日、ブリュッセルを訪問し、EU加盟国の外相らと会談した際、外相らは王外相に対して、新疆再教育施設への憂慮を示した」

 

本来は、国連調査団が動くべき問題である。ウイグル族の若者から臓器摘出が行なわれ売買される残酷な報道が出ている。中国の狙いには、こういう不法臓器ビジネスに利用するという許されない行為が含まれている。

 

中国西部・新疆ウイグル自治区出身の元外科医はこのほど、新疆にある「再教育キャンプ」

に収容されている人々が中国沿岸部の刑務所に移送されていると述べた。刑務所の近隣に

は、臓器移植センターがあるという。『大紀元』(3月20日付け)が伝えた。

 

メルマガ37号 「文在寅の大誤算、日本企業『資産差し押え』は韓国衰退の引き金」が、下記の『マネー・ボイス』で紹介されました。ご覧下さい。

https://www.mag2.com/p/money/652352