a0960_005446_m
   

韓国国防相が、国会で北朝鮮へ「物わかり」のいい発言をして話題を呼んでいる。この国防相は1月下旬、海上自衛隊哨戒機に対して追撃命令を出すと発言している。敵味方を混同した韓国国防相の発言の裏に、文在寅大統領の「親中朝・反日」の明白な意図が読み取れる。

 

『朝鮮日報』(3月25日付け)は、鄭景斗国防相に軍人の血は流れているのか」と題するコラムを掲載した。筆者は、同紙の政治部=梁昇植(ヤン・スンシク)記者である。

 

(1)「韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は20日、国会対政府質問の答弁中に、韓国海軍哨戒艦「天安」爆破・沈没事件と延坪島砲撃事件を「芳しくない南北間の衝突」と言った。最大野党・自由韓国党の白承周(ペク・スンジュ)議員が「国民が見守っている。表現を改めよ」と言うと、3秒ほど考え込んだ後、「これまでにあった複数の衝突事例について…」と言った。北朝鮮による挑発で発生した事件を、まるで南北双方の責任で起こったことであるかのように表現したのだ。白承周議員が「挑発なのか、衝突なのか」とさらに問い詰めると、鄭景斗長官はやっと「北朝鮮の挑発による衝突」と言った。これには韓国軍内部からも「軍の一般的な認識とは異なる非常識な発言だ」という声が上がっている」

 

韓国は、朝鮮戦争で北朝鮮に侵略され、その後も数々の破壊活動によって人命を伴う多大の損害を被ってきた。その北朝鮮軍に対して韓国国防相は、想像もできないほどの融和姿勢を見せた。韓国海軍哨戒艦「天安」爆破・沈没事件と延坪島砲撃事件を、なんと「芳しくない南北間の衝突」と言ったのだ。野党議員に追及されてやっと、「北朝鮮の挑発による衝突」と改めたのだ。

 

こういう発言の裏には、文在寅大統領の南北交流という最大の政治目的が隠されている。すでに北朝鮮に対しては「主敵」という言葉も消えている。法的に見た南北関係は、「休戦状態」に過ぎない。平和条約を結んで恒久的な敵対関係が消滅したものではないのだ。国防軍は、最後の最後まで国土と国民を守る義務がある。たとえ大統領の意向とはいえ、国防軍の義務を忘れた言動は許されない。最後まで、毅然と対応すべきである。

 


(2)「鄭景斗長官の発言は、文在寅(ムン・ジェイン)政権の基本姿勢に沿っている。政府関係者は「現政権になってからは北朝鮮を刺激するのではないかと、『天安』爆破・沈没事件や延坪島砲撃事件という表現もあまり使わない雰囲気になっている」と言った。軍関係者は「鄭景斗長官は第一線の指揮官時代、典型的な軍人だった。『天安』爆破・沈没事件や延坪島砲撃事件という(北朝鮮の)挑発に対して一般的な軍人と同じく『北朝鮮の仕業』と言い、強硬に対応すべきだという考えが強かったと記憶している」と語った」

 

同氏の姿勢は、文政権に変わり自ら軍部の高官になってから、少しずつ変わっていったという。「上層部の顔色をうかがうような行動が軍人らしくない」と批判されるようになったのだ。自らの出世のために、信念を曲げてでも迎合するタイプである。

 

鄭景斗長官は、海軍パイロット出身である。二度にわたって日本の航空自衛隊幹部学校へ留学している。その鄭長官が、日本を敵視する発言を繰り返したのだ。自らの栄達のために、日本の友人・知人を裏切るような発言をあえてする。やはり、軍人らしい「無骨さ」はない、一介のビジネスマン風の軍人である。

 


『聯合ニュース』(1月26日付け)は、「韓国国防相が海軍司令部を電撃訪問、威嚇飛行には『厳しい対応を』」と題する記事を掲載した。

 

(3)「韓国の鄭景斗国防部長官が26日、南部・釜山にある海軍の作戦司令部を電撃訪問した。同部が伝えた。国防部によると、鄭長官は同作戦司令部で、日本の哨戒機が先月20日に北朝鮮の船舶を救助していた韓国の艦艇を威嚇するように低空飛行で接近したのを含め、4度にわたり韓国海軍の艦艇に威嚇飛行をしていることについて「友好国に対する深刻な挑発行為」とした上で、これを認めずに哨戒機が先月20日に火器管制レーダーを照射されたと主張し、韓国に謝罪を求め続ける日本の姿勢を批判。韓国軍の安全を脅かす威嚇飛行が今後も繰り返された場合、強力な対応を取るよう兵士らに求めた」

 

鄭氏は、航空自衛隊幹部学校へ二度も留学している。海上自衛隊が、国際法を守って飛行するように教育している実態を最も知っている立場だ。それにも関わらず、文大統領のご機嫌伺いで、わざわざ日本を悪者にする発言をしている。悪化した日本との関係も放置して、自らの地位安泰を優先した人物である。およそ、「武人」と呼ぶにはふさわしくない振る舞いをしている。

 

 メルマガ37号 「文在寅の大誤算、日本企業『資産差し押え』は韓国衰退の引き金」が、下記の『マネー・ボイス』で紹介されました。ご覧下さい。

https://www.mag2.com/p/money/652352