a0960_004876_m
   


韓国は、日本が中国へ「2プラス2」の外交・防衛による閣僚会議を提案したとの情報に目を丸くしている。日米の揺るぎない同盟関係を基盤に、日中でも「2プラス2」閣僚会議を設置し、相互信頼関係を築く戦略であるからだ。

 

日本は、米国との一体関係を強めて中国とも相互関係を深かめる安保戦略である。中国では、秦の始皇帝以来の外交戦術が、「合従連衡」である。相手の同盟を解体させて一対一の関係に持ち込み、そこで相手を飲み込む戦略である。だから、同盟を極端に嫌う。日本は、これを逆手にとり、米国との強いつながりを持って、中国と「連衡」しようというもの。成功したら、興味深い実験になる。この方式は「合従連衡」の2次元版と言えよう。

 

『中央日報』(5月30日付け)は、「日本、対中外交も強化、日中2プラス2閣僚協議を提案、韓国外交の孤立憂慮」と題する記事を掲載した。

 

日本政府が安全保障分野での協力強化のために「外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)」の創設を中国政府に提案したと共同通信が28日、報じた。

 
(1)「 現在、外務・防衛当局の次官級レベルで進められている「両国安保対話」を閣僚級に格上げしようとの趣旨だ。 複数の日中外交消息筋を引用した報道によると、河野太郎外相は今年4~5月、中国の外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員、王毅外交部長との会談でこのような提案を行った」

 

中国は、日本の提案を慎重に検討しているであろう。中国の周辺国への疑心暗鬼は、きわめて強くスパイを多く抱えている理由の一つだ。日本を潜在的敵国と捉えている以上、その日本と定期的に協議する場があることは有意義であろう。

 

実は、鄧小平の提案で日中の退役軍人は、相互理解を深める目的で毎年、日中の持ち回りで定期会合を開いているはずだ。時折、現役軍人も参加するという。全くの非公式会合である。こういう素地があるから、「2プラス2」の提案が実る可能性もあろう。

 

(2)「 共同通信は現在、中国側は回答を留保していて、6月末に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の時に開かれる安倍首相と習主席会談で再び議論する可能性があると報じた。 日本は米国の同盟国だが、米中間の対立が激しくなる現状況の中でも中国との関係改善への努力を着実に続けている。 今回の2プラス2の創設提案について共同通信は、「習指導部は『海洋強国の建設』を掲げ、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海への公船侵入を続け、南シナ海で軍事拠点化も進めている」とし「日本としては東・南シナ海での緊張を緩和して不測の事態を避けるほか、対話強化によって一層の関係改善を図る狙いがある」と解釈した」

 

中国の魅力は、間もなく来る経済疲弊時に軍拡が思うように進まなくなる時、「2プラス2」による定期会合で、生の情報交換が可能になる。これは、中国の軍事暴走を防ぐ上でも必要なことだ。

 

(3)「日本は現在、米国、オーストラリア、ロシア、英国、フランス、インドネシアなどと閣僚級2プラス2協議を行っている。インドとも協議体の創設に合意している。 東京の外交消息筋は、「日本と中国が閣僚級2プラス2の創設に合意した場合、両国の関係改善にさらに弾みがつく」とし「最悪の韓日関係、停滞した韓中国関係に直面している韓国外交の孤立が深まるおそれがある」と懸念をにじませた」

 

日本は現在、「2プラス2」で米国、オーストラリア、ロシア、英国、フランス、インドネシアのほか、インドとも協議体の創設に合意した。この中に、韓国は入っていない。日韓関係の不安定さが「2プラス2」を創設の障害になっているのだろう。