a0960_006618_m
   

韓国政府は、日韓関係の悪化を懸念していない。「昔から日韓関係は良くなかった」と涼しい顔だという。ヤキモキしているのは、韓国メディアという逆立ちした関係になっている。文大統領自身が、日韓関係を捨てているからだ。文氏は、「親日排除演説」も行うなど、思い残すことなく十分に「反日」をやったという思いなのだろう。安倍首相に会わなくてもいい、という投げやりな姿勢が大統領府に伝播したに違いない。

 

『韓国経済新聞』(6月10日付)は、「韓日関係、歴代政権も同じだから悪化してよいというのか」と題する社説を掲載した。

 

(1)「青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が先週末の記者懇談会で、『1965年の日韓修交以降、すべての政権で韓日関係は順調でなかった』と強調した。そして「両国関係が『最悪』という主張にも同意しない」と述べた。日本で今月末に開催される「G20会議」を控えた状況で不適切であり、事実でもない発言だ。修交後にも対立と葛藤が絶えなかったが、こうした中でも持続的に友好関係を発展させてきた両国だ。「反日性向」が強かった廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権でも両国間の「シャトル外交」があった。当時、盧大統領は朝に日本を訪問して小泉首相と北朝鮮の核問題などを議論した後、夕方に帰国する実用外交を見せた」

 

日韓関係は、互いに睨み合っているだけで、韓国が解決案を出す意欲もないようだ。このまま、最悪事態に突っ込んで、韓国に反省を求めればいい。



(2)「青瓦台は記者懇談会で、「何を根拠に韓日関係を最悪と見るのか」と問いただしたというから、その判断力に疑問を抱くしかない。G20会議に招請されながらも首脳会談の日程さえも決められず、欠礼を覚悟して駐韓米国大使が関係改善を公開的に促す中、いかなる根拠がさらに必要なのか。最悪でなければその根拠をまず提示するのが、心配する国民に対する道理だ」

韓国大統領府では、日韓首脳会談を諦めている感じだ。日本側が、首脳会談の条件に徴用工問題の解決案を出すよう求めていることに「ゼロ回答」で臨んでいる結果だろう。こうやって、日韓関係は最悪事態に進んでいる。