a0960_008780_m
   

中国は、人民解放軍装備の近代化に全力を挙げている。サイバー攻撃やスパイなどと手段を選ばずにきたが、意外なところで盲点が指摘されている。指揮官や兵士の能力が、最新兵器について行けないことだ。

 

日清戦争でも同じ現象が見られた。清国は、英国から最新鋭の軍艦4隻を購入したが、日本海軍の攻撃に屈して大敗した歴史がある。当時も今も、人材不足が共通の悩みである。

 

『大紀元』(6月28日付)は、「中国軍の問題は人材不足―米国会諮問機関」と題する記事を掲載した。

 

米国会諮問機関の米中経済安全保障審査委員会(USCC)は20日、拡張する中国の軍事的野心に関する公聴会を開いた。専門家は中国軍の核心的問題は、指揮官の不在、兵士の現代化した機器の操作能力不足など、人材不足の問題だと指摘した。

 

 

(1)「中国の習近平主席は2017年、2035年までに国防と軍隊の現代化を基本的に実現し、2049年までに「世界一流の軍」を完成するという明確な目標を定めた。公聴会に参加した、米国防大学中国軍事研究センター長フィリップ・サンダース氏は、中国軍が「世界一流の軍」になりえない最大の障壁は、人材の問題だとした。「ハード面、組織の問題は大きくない。しかし、彼らに共同作戦を率いる参謀、作戦指揮官がいるだろうか」と指摘した」

 

このパラグラフで、総論的な指摘がされている。中国軍は、人材不足が深刻であり、「世界一流の軍」に成長する機会を奪っているという。「尚武の精神」が不足しているのだろう。

 

(2)「サンダース氏は、解放軍の陸軍将校を例にあげた。将校になる前、彼らの主な活動は1つの軍区に限られていた。「広い見方を持っていないため、どのように全体の共同作戦を展開し、指揮するかを知らないだろう」と付け加えた。中国共産党が掲げた「戦って勝つ」という攻撃的な軍事目標によると、共同作戦能力の強化は、中国の軍事改革の焦点になる。しかし、中国の軍事改革のひとつの焦点は、共産党による軍の統制の強化だった」

 

中国軍は、ゲリラ戦は得意である。だが、大軍を率いて組織的に戦う上で必要な指揮官と兵士が足りないという。これは、日清戦争や日中戦争でも同じ弱点が指摘されている。近代戦は、ゲリラ戦と基本型が異なっている。中国軍の弱点なのだろう。

 


(3)「サンダースは、この共産主義に基づく軍のあり方が大きな問題になるとした。「レーニン主義に基づいた部隊は党の上層部に服従的で、このような部隊が能動的に作戦を展開できるのだろうか」。さらに、よく訓練された、高度な教育を受けた兵士がいないことは、中国軍が「世界クラス」の目標を達成するためのもう1つの障害になるとした。5月の米国防総省の中国の軍事報告によると、人工知能、高度なロボット技術、およびIT技術で大きく進歩した。同月、米シンクタンク・ランド研究所の国際防衛研究者ティモシー・ヘルス氏は、現代的な戦争には、技術的に相応した学歴、技術を満たしている必要があると解説した」

 

人民解放軍では、政治将校がいて思想教育を行っている。これが、すべて「指示待ち」兵士を生み出しており、戦況に応じて自由自在な戦闘体系を組めない点で限界があるという。兵士は農村部出身者が圧倒的である。高等教育を受けた兵士の少なさが、中国軍の弱さになっているという。「一人っ子政策」が、皮肉にも弱い兵士を生み出した背景にある。

 

(4)「2016年のランド研究所の報告「中国軍の変化:人民解放軍の短期的な戦力評価」は、中国の軍事作家や海外のアナリストの分析から、中国軍の部隊の主要な弱点は、組織構造の欠陥によるものだとした。軍の人材は、効果的に任務を遂行するための必要な水準に達していない、と指摘している。このなかで、将兵の教育水準の低さと技術の熟練度の不足が長らくの問題であるとした。ほかにも、心理面の管理の問題として、たとえば軍事規律の保守、安全保持、士気の保持、腐敗などの問題も抱えている。特に、将来の戦争で重要な海軍、空軍、情報化主導の戦場の中で、中国軍の人員は、新たな作戦装備を調整し、それを実際の作戦能力に反映させる力が不足していると分析した」

 

「一人っ子政策」が、子どもを甘やかして育ててきた。これが、兵士向きでない若者を生んでいる理由である。となると、近代兵器をいくら揃えても戦力化しないであろう。宝の持腐れである。