a0960_008527_m
   

韓国が、日本から「ホワイト国」外しの措置を受けて以来、日本のあら探しに夢中になっている。日本でも北朝鮮やイランなどへの密輸出があるのだから、韓国ばかりを責めることなく、戦略物資輸出規制を緩めるように要求している。箸にも棒にもかからない屁理屈である。

 

この話は、どこが狂っているのか。法の裏をかこうと思えば不可能ではあるまい。だが、韓国の問題点は、摘発されないでいるケースが多いということだ。戦略物質の輸出量=製品加工という関係が成り立たず、戦略物質の輸出量>製品加工という、行き先不明の戦略物資の多いことが問題なのだ。

 

韓国は、これを錯覚している。摘発件数の数が、韓国と日本でどれだけ違うかとい優劣比較をしているのだ。問題は、摘発されないケースである。韓国は摘発されたケースを取り上げている。摘発されないケースをいかに潰していくか。それが戦略物資の管理上での要点である。

 

『聯合ニュース』(7月11日付)は、「戦略物資が日本から北朝鮮に密輸出、韓国議員が日本の資料を引用」と題する記事を掲載した。

 

韓国野党「正しい未来党」の国会議員の河泰慶(ハ・テギョン)氏が11日、国会で記者会見を開き、過去に日本からフッ化水素などの戦略物資が北朝鮮に密輸出されていたことが日本の安全保障貿易情報センター(CISTEC)の資料で確認できたと発表した。日本では韓国向け半導体材料の輸出管理を強化した背景にフッ化水素などの輸入品を韓国が北朝鮮に横流しした疑いがあるためと報じられているが、河氏は「日本の資料ではむしろ『日本が北にフッ化水素を密輸出して摘発された』と報告している」と指摘した。

(1)「CISTECは輸出管理問題に関する民間の非営利機関。河氏が紹介したCISTECの資料「不正輸出事件の概要」によると、日本では1996年から2003年まで30件を超える北朝鮮向け密輸出が摘発された。それには核開発や生物・化学兵器の製造に活用できる戦略物資も含まれている。具体的にみると、1996年1月に大阪港に入港していた北朝鮮船舶にフッ化ナトリウム50キロ、2月に神戸港に入港中だった北朝鮮船舶にフッ化水素酸50キロがそれぞれ船積みされた」

 

1996~2003年という、今から16年以上も昔に摘発されたケースを取り上げている。さも、鬼の首でも取ったような感じだが、これは摘発によって犯罪ルートが確認されたので以後は、二度と同じルートが使えなくなるので抑止効果が働く。

 


(2)「2003年4月に直流安定化電源3台が日本当局の許可なくタイを経由して北朝鮮に不正輸出され、04年11月には周波数変換器1台が預かり荷物として航空機に積載され中国経由で北朝鮮に輸送された。02年9月に凍結乾燥機1台、08年1月に大型タンクローリーの北朝鮮への不正輸出もあった(タンクローリーの輸出は未然に防止)。これらの品目は核開発や生物・化学兵器の製造に活用したり、ミサイル運搬用に転用したりできる戦略物資だ」

 

ここでも、02~08年に摘発されたケースである。密輸出を事前に防いだものも含まれている。韓国の議員は、これらが密輸出の「常設ルート」になっているような感覚で日本を批判している。

 

(3)「河氏は、「韓日関係が最悪になっている状況で、日本は感情的な対応を自制すべきだ。こじつけの主張を続ければ、日本が国際社会で孤立することになる」と述べるとともに、「日本はただちに不当な輸出規制を撤回すべきだ」と求めた」

 

ここでは、韓国議員に論理の飛躍が見られる。密輸出という犯罪はどこの国にも起こり得る。問題は、その捜査をしっかり行っているかどうかが問われているのだ。韓国では、摘発も捜査もされていない事件が多いと日本側が指摘している。日本が、戦略物資の行方不明部分の調査を依頼しても返事がない。日韓での会合も開かれない。そこで日本が、輸出申請書類を詳しくチェック(最大90日)して、輸出の可否を決めるというのだ。こういう分りきった理屈が、なぜ韓国では分らないのか。頭を冷やして、日本の言い分を聞くべきである。