a0960_006043_m
   


韓国は一時、見送りに傾いていた日本を「ホワイト国除外」にすることを発表した。これで、韓国がWTO(世界貿易機関)へ提訴する理由が乏しくなった。WTOで、あれだけ日本を非難した韓国が、日本と同じことをする。

 

『聯合ニュース』(8月12日付)は、「ホワイト国から日本除外、輸出規制への対抗措置」と題する記事を掲載した。

 

(1)「韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は12日、政府世宗庁舎で記者会見を開き、「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から日本を除外する方針を発表した。定例的な輸出管理体制改善の一環だと説明したが、事実上、日本が韓国をホワイト国から除外したことへの対抗措置となる」

 

共同通信は、戦略物資に関して包括許可の適用条件が狭まるほか、個別許可の審査期間が5日から15日に延び、手続きが厳格化される。20日間の意見公募期間などを経て、除外措置を実施する予定、と報じた。正式決定は、9月の見込みだ。


 

対象品目は自動車部品など3~4品目と見られる

 

 韓国与党幹部は4日、国会で開かれた高位党・政・青協議の出席に先立ち、次のように語っていた。

 

与党幹部は、「政府次元で3~4品目をめぐり、その波及力と国内の被害などに対する具体的な検討が進んでいるものと承知している」とし「自動車産業に関するものもそのうちの一つ」と話した。日本との強対強対決のための具体的な反撃カードの実行が迫っているという意味だ。この関係者は「サムスン・SKなど韓国大企業の購買力に依存して材料・部品産業の競争力を維持してきた日本経済が攻防戦の中で失うもののほうが多いという認識が日本国内に広がってこそ、外交的協議の窓口も開かれる」としながら「福島放射能問題など日本の非経済的弱点などに対する攻勢も遅らせてはいけない」と話した」(『中央日報』8月5日付)

韓国は、日本との外交協議に持ち込むのが目的である。下線を引いた部分では、東京五輪で、福島放射能問題も持ち出すと指摘している。具体的には、韓国選手団の食材を韓国から空輸するとしている。日本が検疫でどう対応するかだ。日本がこれを認めれば、東京五輪はメチャクチャになる。事前に、認めない旨を発表すべきだろう。それを理由に、韓国が東京五輪に不参加ならやむを得ない。毅然と対応すべきだろう。