11
   

歴代韓国大統領で、文氏ほど経済知識のない大統領がいただろうか。暗い経済見通しをフェイクニュースと断じているからだ。自らの支持率を上げる目的で、あえてこういう言い方をしているのか。部下たちの「虚言」を真実と信じているのか。後者とすれば、完全に裸の王様になっている。

 

最低賃金の大幅引上げが、韓国の雇用状態を破壊したことは明白である。それを糊塗するために、財政出動で「アルバイト」を増やし「就業者が増えている」と言い張る。貰った側の大学院生は、研究補助作業をするわけでもなく、就職用の勉強をしているというのが実態だ。無駄な財政支出が増えて効果はゼロ。文氏の「メンツ」維持が、韓国経済を疲弊させている。

 

『朝鮮日報』(8月14日付)は、「文大統領、『韓国経済の基礎体力は強固』『フェイクニュース』が不安感助長」と題する記事を掲載した。

 

(1)「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日の閣議で最近の韓国経済の状況について、「韓国経済の基礎体力は強固であり、根本的な成長は健全だ」と述べた。また、「政府の政策効果で雇用指標が改善し、雇用のセーフティーネットも強化されている」と指摘した。文大統領は最近の米中貿易紛争と日本による経済報復に言及し、「韓国経済の状況は容易ではない」としながらも、全体的な状況には楽観論を展開した。安全保障面に続き、経済問題でもあまりに「希望的な思考」をしているのではないかとする指摘が聞かれる」

 

文氏は、弁護士出身だ。刑事事件であれば、証拠調べをキチッと行い、検察の主張を崩し被告の利益を守るのが仕事だ。文氏は、法廷で「空理空論」を主張するだけで敗訴になっていただろうか。そうであれば、弁護依頼はなくなって政治家に転身するしかない。そう言いたくなるほど、文氏の主張は虚しい。経済知識がゼロであるからだ。

 


(2)「文大統領は、「世界的な信用格付け会社による一致した評価が示すように、韓国経済の基礎体力は強固だ」とし、「ムーディーズに続き、数日前にはフィッチも韓国の信用格付けを日本より2段階高いダブルAマイナスに据え置き、格付け見通しも安定的とした」と述べた上で、「外部の経済の不確実性で成長のモメンタム(勢い)が鈍化したが、韓国経済の根本的な成長は健全で、政府の債務比率が低いことによる財政の健全性と通貨・金融までを考慮し、韓国経済に対する信用度が依然として高いと評価したものだ」との認識を示した」

 

国債の格付けは、元利金の支払い能力を判断しているだけで、将来性を判断材料に加えていない。過去二度、韓国は通貨危機に襲われたが、直前の国債の格付けに問題はなかった。それが一転、ウォン暴落という地獄へ突き落とされたもので、格付け会社は大慌てで格付けを引下げた経緯がある。

 

既に企業格付けは、大半が引下げ対象であると予告されている。企業格付けが引下げられる状況では、歳入は減って当然であろう。国債格付けにもいずれ悪影響が及ぶのだ。

 

(3)「格付け会社のフィッチは9日、韓国の信用格付けを上から4番目のダブルAマイナスに据え置いたが、韓国の来年の経済成長率予測を2.6%から2.3%に下方修正した。また、「政府が長期的な財政健全性の管理に積極的に取り組まなければ、現在の信用格付けを維持することが難しい」という異例の警告も発した

 

格付け会社は、韓国については要注意のはず。過去の格付けで大失敗しているからだ。下線を引いた部分のように、「但し書き」がついているのだ。文氏こそ、都合の悪い点を無視している点で、「フェイクニュース」をつくっている。