1104 (2)
   

米国が、GSOMIA(日韓軍事情報包括的保護協定)の破棄回避に向けて、韓国とギリギリの交渉を進めている。訪韓したデビッド・スティルウェル米国務省東アジア太平洋次官補が6日午前、キム・ヒョンジョン大統領府国家安保室2次長と70分間にわたり面会し、GSOMIA問題について具体的な議論を行ったと大統領府が明らかにした。「終了日の延期」が有力な案として協議されたようだ。

 

これは、GSOMIA終了日である11月23日を延期する、という案である。「終了日は、別途、日韓双方が協議して決める」という線に落ち着くのであろうか。そうなれば、韓国が先に行なった日本への「GSOMIA破棄通告」は自然消滅となる。

 

『ハンギョレ新聞』(11月8日付)は、「米国、GSOMIA 『終了延期』を代案として推進」と題する記事を掲載した。

 

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を控え、両国が解決策を見出すまで終了日を延ばす案が、代案の一つとして検討されていることが分かった。

 

(1)「韓国政府は823日、GSOMIAの終了決定を盛り込んだ公文を日本に伝達しており、これから90日になる11230時にGSOMIAは公式に終了する予定だ。米国は韓国のGSOMIA終了決定が「韓米日3角安保協力」を揺さぶるとし、決定の見直しに向けて圧力をかけている。しかし、韓国は「安保上信じられない国」という理由を挙げて輸出規制を施行した日本の不当な措置が撤回されない限り、この決定を覆すことはできないという原則を強調している。日本は、韓国最高裁判所(大法院)の強制徴用賠償判決に対して、韓国が解決策を提示しなければならないと主張している。GSOMIAの終了まで、今後半月以内に鋭く対立する両者の主張が接点を見出す可能性は非常に低い状況だ」

 

韓国がGSOMIA破棄を棚上げして、「終了日を延長」するという玉虫色決着になりそうだという。韓国は、米国の顔を立てて妥協した形だが内心、ホットしているに違いない。韓国が破棄論に固執すれば、外交的に孤立を免れなかった。

 

(2)「こうした状況で、米国は解決策を見出すまでいったんGSOMIAの終了日を延期してGSOMIA協定そのものは維持するという代案を提示し、韓日と水面下の調整を図っているという。米国のインド太平洋戦略、中国牽制政策において、韓米日3角軍事協力のために情報を交換する枠組みであるGSOMIAの維持がそれだけ重要だと見ているからだ。歴史や経済、安保問題が複雑に絡み合った韓日関係から、協定が一旦終了すれば、再び締結するのは非常に難しいと判断しているものとみられる

 

日本の韓国への「ホワイト国除外」は、韓国が戦略物資の管理を完全に行なうという保証が得られなければならない。もう一つ。徴用工問題も絡んでいる。韓国が、日韓の争点である歴史問題を封印することができるかどうか。この問題が再燃すれば、韓国には「ホワイト国除外」の重石が効くというリスクを抱えていることに変わりない。

 

「GSOMIA終了日延長」は、米国の仲介で日韓が承認する形になれば事実上、GSOMIAは封印される。韓国にとっては、「名誉ある撤退」という形だが、今後は簡単に歴史問題を持ち出せないという枠がはめられるであろう。これまでのように日本へ「罵詈雑言」を浴びせられなくなるはずだ。「政経非分離」という重石がつくからだ。

 

(3)「外交消息筋は7日、「理論的に見れば、協定終了を通知しても、双方が同意すれば再延長や終了の延期は可能だ」とし、「韓日両国が終了日を延期するという内容の合意文を作るだけで済む」と述べた。米国はこのような形を通じてでも、ひとまずGSOMIAの終了を阻止するために奔走しているように見えるが、日本の輸出規制に変化がない限り、韓国にとってはGSOMIAの終了決定を覆す方向で動く名分がない」

 

「終了日の延期」とは、改めて日にちを切ると今回のような騒ぎになる。したがって、「終了日は、日韓両国の協議で決める」という曖昧な形になるのだろう。