a0001_000268_m
   

当たり前の結果が出て、韓国大法院(最高裁)は大騒ぎになったという。OECD(経済協力開発機構)が、2年ごとにアンケートで調べる「国民の信頼度」が、加盟国中で最下位になったからだ。文政権の「言うがまま」になっている大法院が、信頼されるはずがない。間違えた徴用工判決を出した大法院である。

 

司法は、条約に介入しない「司法自制論」という国際的な慣例を破って、文大統領の意思を「忖度」した判決を出した。反対した判事は2人だけ。こういう、時の政権の意のままになる韓国司法が、国民から信頼されていたらおかしい。茶番劇である。

 

『朝鮮日報』(11月10日付)は、「司法機関への信頼度OECD最下位、韓国大法院で大騒動に」と題する記事を掲載した。

 

韓国大法院に今年9月、一通の公文書が届いた。標題は「一目で見る政府2019」。経済協力開発機構(OECD)が加盟37カ国を対象に各国の司法機関に対する信頼度を調べ、ランキングを付けた調査結果の草案だった。韓国は最下位だった。OECDが加盟国ごとに国民1000人に「裁判所を信頼するか」を尋ねた設問で、「信頼する」との回答は韓国が最も少なかった。

 

(1)「大法院は大騒ぎになった。裁判所関係者は「(大法院の)幹部の間で韓国の順位をどうにかして削除すべきだ」という話が出た。大法院は9月中旬、外交部を通じ、OECD本部に異議を申し立てた。異議は質問事項が正確ではないという趣旨だった。OECDは司法機関への信頼度を調べる際、「韓国の司法システムと裁判所を信頼するか」と尋ねたが、「司法システム」には裁判所だけでなく、検察や刑務当局も含まれるため、裁判所だけに限った信頼度調査とは言えないというものだった。大法院関係者は「裁判所と検察でどちらの信頼度が低いのかあいまいだ」と話した。大法院の問題提起を受け、OECDは近く発行予定の最終報告書の司法機関信頼度ランキングから韓国を除外する方針とされる

 

下線を引いた部分は、笑ってしまう内容だ。大法院は司法の最高峰である。仮に、検察が間違った内容で起訴した事件でも、大法院がそれを糺す判決を出せば、自然に検察も捜査方法を変えるはずだ。大法院は、それだけの権威と公正のシンボルである。それが、どうであろうか。文大統領の意向を忖度した判決を出している。そして、日韓関係が大揉めになっている。大法院は、今回のOECDアンケートを素直に聞いて反省すべきなのだ。

 

(2)「論争を受け、2年前にもOECDの司法信頼度調査から韓国が除外された。大法院関係者によると、梁承泰(ヤン・スンテ)元大法院長の時代の17年にも大法院がOECDに同様の異議を申し立て、結局最終報告書から韓国が除外されたと説明した。当時韓国の裁判所に対する信頼度は最下位ではなかったが、下位圏だったとされる。ただ、今年の調査が示唆する点は大きいとの指摘も多く聞かれる。金命洙(キム・ミョンス)大法院長は179月の就任以降、司法改革を目指した。司法行政権乱用疑惑を調べるとして、前任大法院長の時代に要職に就いていた判事に大規模な「積弊清算」作業を展開した。その過程で100人を超える判事が検察の取り調べを受け、判事数十人が懲戒された。名分は「司法の信頼回復」だった。しかし、その2年間の人的な清算が裁判所の信頼回復ではなく、信頼低下につながった格好だ

 

下線部分は、文大統領が自分の意向に沿った判決を出させるために、判事の色分けをした。その結果、100人を超える判事が検察の取り調べを受けた。数十人が懲戒されたという。

 

日本では考えられないことを行なった。裁判官の身分は保証されているはず。その裁判官を罷免するには、国会で特別の手続きが必要だ。こういう裁判官を辱める行為を公然と行なう文政権は、まさに軍事革命政権とどこが違うだろうか。暴力的である。国民から見れば、最悪・最低の司法機関である。

 

(3)「過去2年間の「司法積弊清算」を主導した勢力が進歩傾向の判事サークルであるウリ法(我々の法)研究会と国際人権法研究会である点も信頼低下に少なからず影響を与えたとみられている。両組織に所属する判事は、「梁承泰行政処」の判事に対する3回の独自調査、弾劾の働き掛けで先頭に立った。金命洙大法院長は両研究会の会長を歴任した人物だ」

 

司法における「判事選別」を強行した判事が、文グループである。私は、次期政権が保守派に代われば、文政権の行なった「邪(よこしま)な行為」を全て法の下で裁くべきであると思う。「進歩派」のお面をつけて、国民の権利を奪い一部グループ(労組・市民団体)に奉仕した政権の実態を明かすべきであろう。この過程なしに、韓国は近代化されないと見る。