a1380_000457_m
   

韓国政府は、自己責任で決定したはずのGSOMIA(日韓軍事情報包括的保護協定)廃棄について、未練たっぷりに「日本が悪いからGSOMIA廃棄した」と訴えている。日本が、韓国を「ホワイト国除外」から外せば、GSOMIAを継続すると泣いている状況だ。自分の蒔いた種は自分で刈り取るべし、である。

 

『聯合ニュース』は、「韓日関係正常化すればGSOMIA延長を検討―韓国国家安保室長」と題する記事を掲載した。

 

韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了に関連し「韓日関係が正常化されれば、政府としてはGSOMIA延長を検討する用意がある」とした上で、「こうしたわれわれの立場は日本に何度も説明した」と述べた。

 

(1)「盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長、金尚祖(キム・サンジョ)政策室長(閣僚級)と共に青瓦台で行った合同記者会見で、「GSOMIA終了を猶予するなどの解決策を模索することが可能か」との質問に答えた。鄭氏は、「われわれの立場からみれば韓日関係が最近困難になった根本的な原因は日本が提供したとみている」との認識を示した。韓国内では、GSOMIA終了を猶予するなど韓国政府が「戦略的柔軟性」を発揮する可能性があるとの見方も出ているが、鄭氏の発言は、韓日関係悪化の原因をつくった日本政府による問題解決が先だという原則的な立場をあらためて強調したものとみられる」

 

韓国大統領府高官の発言は、一言で言えば「子どもじみている」。悪いのは日本。韓国は悪くないと未だに言い張っているからだ。問題は、韓国の安全保障に関わることである。日本の安全保障問題ではない。日本は、独自の情報源を持っている。GSOMIA破棄で困るのは韓国である。それを忘れて、日本への「面当てのGSOMIA廃棄」である。こういう見当違いの決定をして、韓国大統領府に身を構える資格はない。もともと、国防や外交の専門部署に委ねる案件である。素人が関わる問題でなかったのだ。

 

(2)「鄭氏は、過去の歴史問題とそれ以外とを分けて対応する「ツートラック」の原則を維持してきたが、日本は強制徴用問題に関連する意見の隔たりを理由に、輸出規制措置を取ったと指摘。「日本が安全保障における協力で(韓国が)信頼を失ったとの理由で輸出規制措置を施行したため、こうような状況でGSOMIAを延長できないという立場は国民にも理解してもらえると思う」と述べた。GSOMIA終了の影響についても「日本との軍事情報交流が完全に遮断されるのではなく、わが国の安保に与える影響も限定的だ」との見方を示した」

 

この記者会見は、10日(日曜日)の午後、行なわれている。よほど困っているのだろう。「国民に理解してくれ」と泣き言まで言っている。GSOMIA終了の影響について、「日本との軍事情報交流が完全に遮断されるのではない」と弁解している。ここまでくると、まさに醜悪そのものだ。責任をとって、職を辞す覚悟をすべきだ。

 

(3)「また、米国は韓日にとって重要な同盟ではあるが、GSOMIAを巡る問題は「韓日両国が解決すべき事案であり、韓米同盟とは全く関連がないとみている」と強調した。韓日は最も近い隣国として北東アジアの平和と安定のために協力するパートナー関係だとした上で、「韓日関係の重要性はわが政府がたびたび強調してきた」と述べた。先のタイ・バンコクでの韓日首脳の歓談も大きな枠組みでの韓日関係の重要性を示すものだとの見方を示した」

 

下線部分は、「今さら」という実感だ。それほど重要な日本に対して、「NO JAPAN」「NO 安倍」と敵対的行動をとってきた。今になって急に「日本は協力するパーナー」と歯の浮くような発言をしている。醜悪この上ない振る舞いだ。