a0001_000268_m
   

文政権は、野党の自由韓国党を「積弊一掃」と称し、悪の権化に見立ててきた。その文政権が、何と蔚山市長選に介入し現職で自由韓国党候補を捜査させ、落選に追い込む卑劣な事件が明るみになっている。蔚山市長選で当選したのは、文大統領の友人で与党「共に民主党」候補である。文氏にとっては、「チョ・グク事件」に次ぐ、二度目のスキャンダルである。

 

この種の事件は、戦前の日本でも起こっていた。警察が、時の権力と近い存在であった。現在の日本では、選挙が終わってから捜査に着手するのが慣例である。韓国政治が、この面でも日本から80年は遅れていると言えそうだ。それにも関わらず、「日本より道徳的に高い」としている。思い上がりも甚だしい民族である。

 

『日本経済新聞 電子版』(12月3日付)は、「韓国大統領府に市長選介入疑惑、野党候補の捜査指示か」と題する記事を掲載した。

 

(1)「韓国大統領府が20186月の統一地方選に介入した疑惑が浮上している。南東部の蔚山市長選で、野党系現職市長の側近による不正の捜査を警察に指示し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近い与党系候補の当選を後押ししたとされる。検察が捜査に乗り出しており、「公正公平」を掲げる文政権の支持率に影響する可能性もある」。

 

文政権は、次々と悪事が露見している。「クリーン」が売り物だった文大統領が、側近からボロが出始めてきた。これまで、朴槿惠政権を罵倒しつくしてきた文政権だ。前政権とどこが違うのか。そういう深刻な事態を迎えている。

 

 

(2)「蔚山市長選は保守系で現職の金起炫(キム・ギヒョン)氏と、文氏と親交がある革新系の人権派弁護士、宋哲鎬(ソン・チョルホ)氏の一騎打ちだった。警察は昨年3月、金氏の側近が特定の業者に便宜を図ろうとしたとして、金氏の秘書室長室などを家宅捜索。5月に側近らを送検した。韓国メディアによると、金氏は市長選序盤の世論調査で宋氏を15ポイント上回っていたが、捜査の影響で逆転され落選した」

 

選挙戦の最中に、警察は候補者である現職市長の側近を送検するという、露骨な選挙干渉を行なった。これでは、現職市長といえども選挙に勝てるはずがない。この「偽情報」のたれ込み先が、大統領府の民情首席秘書官で、スキャンダルで法相を辞任した曺国(チョ・グク)氏であった。チョ氏は随分、悪役を演じていたもの。これが、ソウル大学教授の仕業であるのだ。

 

(3)「勝敗を分けた警察の捜査が「大統領府からの下命だった」というのが疑惑の核心だ。1127日付の朝鮮日報によると、大統領府の民情首席室が疑惑を警察に伝え、警察が捜査に動いたという。当時の民情首席秘書官はスキャンダルで法相を辞任した曺国(チョ・グク)氏。曺氏は2012年の総選挙に出馬した宋氏の後援会長でもあった」

 

大統領府の民情首席室は、国政に関する世論の把握と大統領周辺の人事管理が主な業務である。選挙を経て就任する高位公職者は情報収集の対象ではなく、越権行為の可能性があるとして検察が捜査に着手した。チョ氏には、もう一つ罪名が付いて捜査対象になりそうだ。

 

(4)「こうしたなかで、当時大統領府に勤務していた職員が1日、検察の参考人聴取を前に遺書を残して死亡しているのがみつかった。疑惑に関わったとみられていた職員は検察から大統領府への出向者で、遺書には「検察総長に申し訳ない」と書かれていたという。

市長選で敗退した金氏は2日に記者会見し、選挙の無効を求めて提訴すると発表した」

 

大統領府は一連の疑惑を否定している。盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長は11月29日、国会で「金氏を監察したことはない」と述べた。ただ「不正の情報を警察に伝えただけだ」とも語り、警察に情報を伝えたことは認めた。明らかに共犯であろう。

 

(5)「大統領府に浮かぶ疑惑は蔚山市長選への介入だけではない。文氏の盟友である故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が信頼を置き、釜山市経済副市長などを歴任した柳在洙(ユ・ジェス)氏の収賄疑惑をもみ消したとの指摘もある。「身内びいき」の疑惑が晴れなければ、苦境が続く文氏の政権運営にさらなる打撃となる可能性がある

 

下線を引いた柳在洙氏は、賄賂を受けて監察対象になっている。要職の金融監督委員会金融政策局長、民主党首席専門委員、釜山市経済副市長を歴任した人物である。文大統領を「在寅兄さん」、李鎬チョル(イ・ホチョル)元民情首席秘書官を「鎬チョル兄さん」と呼ぶほど親しかったとされる。進歩派には、このように権力機構を渡り歩き、懐を暖める人間が跋扈(ばっこ)している。文大統領が判で押したように言う「積弊一掃」対象は、進歩派の中にゴロゴロいるのだ。