a0960_008531_m
   


韓国社会は、なんら近代化していないというのが本欄の率直な感想である。文大統領の権力は、考古学界まで影響を与えていることに驚くのだ。韓国の国立中央博物館で今月2日に開幕した特別展「伽耶本性-剣と絃(げん)」を巡り、学界が騒然となっているというのだ。その理由は、考古学界で未承認の解釈が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政課題として掲げた『伽耶(かや)史復元』にコード(政治的理念や傾向)を合わせた展示になっているかだという。

 

韓国では、大統領が絶対的な権力者である。その大統領が、「右」と言えば異議があってもすべて「右」と言わざるを得ない社会である。考古学展示までが、文大統領の意向に沿っているとは、「呆れた」と通り越して「おバカさん」と言わざるを得ないほどの体たらく社会と言ってよかろう。

 

昨年10月末の韓国大法院の徴用工賠償判決は、直前の8月に文大統領が徴用工賠償について演説し、日本の賠償責任を追及していた。大法院は、この大統領演説を無視できず、これに沿った判決を下したというのが私の持論である。今回の考古学展の結果と合せてみれば、韓国の官界はすべて、大統領の意向次第で動く「公的ロボット」である。

 

『朝鮮日報』(12月6日付)は、「文在寅政権のコードに合わせて未検証の地域・遺物も伽耶」と題する記事を掲載した。

 

(1)「韓国の国立中央博物館で今月2日に開幕した特別展「伽耶本性-剣と絃(げん)」を巡り、学界が騒然となっている。導入部からまず問題だ。薄暗い進入路を通り抜けて真っ先に対面する遺物は、今年3月に慶尚北道高霊郡の池山洞古墳群で出土した土鈴だ。当時、調査団が「伽耶建国神話の場面を刻んだ鈴」だと大々的に公開したが、学界では「絵を『駕洛国記』の内容に強引に合わせて解釈」と批判された。大多数の伽耶史の専門家は「文献研究者に一度も諮問せず性急に発表したことで起きたハプニング」と指摘した。そんな鈴を、古代の歌謡「亀旨歌」と一緒に堂々と展示した」

 

伽耶(かや、加耶とも)、加羅(から)、または加羅諸国(からしょこく)は、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部において、洛東江流域を中心として散在していた小国家群を指すという。現在の釜山一帯という感じである。文大統領がここまで伽耶に拘るのは、文氏の選挙区であるからだろう。文氏も派手に「地元への利益誘導」をやっているのだ。

 

(2)「導入部からまず問題だ。薄暗い進入路を通り抜けて真っ先に対面する遺物は、今年3月に慶尚北道高霊郡の池山洞古墳群で出土した土鈴だ。当時、調査団が「伽耶建国神話の場面を刻んだ鈴」だと大々的に公開したが、学界では「絵を『駕洛国記』の内容に強引に合わせて解釈」と批判された。大多数の伽耶史の専門家は「文献研究者に一度も諮問せず性急に発表したことで起きたハプニング」と指摘した。そんな鈴を、古代の歌謡「亀旨歌」と一緒に堂々と展示した」

 

韓国の国立中央博物館は、下線を引いた部分のように専門家の意見を聞くこともなく、勝手に強引な解釈を下しているという。博物館として学問的な検証も経ない展示物は、致命的な欠陥であろう。それを、文大統領に気に入って貰うための展示にしたとすれば、自殺行為であろう。「これが韓国」と言ってしまえばそれまでだが、何とも後味の悪い話だ。

 

「展示のABCも備えていない」という指摘もあるという。副題が「剣と絃」なのに、肝心の絃についての内容がないのだ。金薫(キム・フン)の小説『絃の歌』の文章を展示場の壁のあちこちに張り付けているレベルという。いかにも、やっつけ「展示物」のいんしょうだ。

 

(3)「展示のキーワードである「共存、和合、力、繁栄」についても、強引だという評が出ている。博物館は「幾つもの伽耶が一緒になって生き(共存)、数百年間共存を守ることができた理由が、鉄(剣)を扱う技術を持っていたから」と説明する。しかしB教授は「伽耶は平和裏に共存したのではなく、個別の幾つもの独立体が互いに優劣を争い、角逐しつつ離合集散を繰り返していった」として「それを共存や和合とみるのは時代錯誤」と指摘。さらに「伽耶圏が広がるなら無条件にいいだろうと思って乗り出しているが、冷静に言えば、日帝が語った任那圏域に後戻りしつつある」として「考古学研究者は、それを自覚すらできていない」と懸念した」

 

展示のキーワードが、「共存、和合、力、繁栄」とは、文政権の政治標語に似ている感じを否めない。伽耶の歴史は、権力争いの離合集散を繰り返していたという。共存、和合の概念からかけ離れていたのだ。3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の歴史が、穏やかのものではなく「争闘」の連続であったはずだ。日本の歴史でも同じことが繰り返されていた。結局、

韓国国立中央博物館で開幕した特別展、「伽耶本性-剣と絃(げん)」は、文政権を賛美する手段になっていると疑われている。

この展示は来年、日本にも来る。釜山市立博物館(4月1日~5月31日)を経て、国立歴史民俗博物館(7月6日~9月6日)、九州国立博物館(10月12日~12月6日)を巡回する。研究者らは「1991年の伽耶展後に蓄積された研究の力量を示すべきなのに、神話レベルの展示を持っていったら、笑いものになるだろう」と語っているという。日本の考古学や歴史好きの人たちには、あまり明るい話ではなさそう。