1106 (1)
   

中国政府は24日朝、武漢肺炎の死者が26人となり、発症した人は800人を超えたと発表した。武漢市は23日、全市を事実上の封鎖状態にしている。中国当局は、さらに封鎖の範囲を周辺の7つの市にも広げ、感染拡大の防止を図る羽目に追い込まれている。

 

本欄が、危惧したように感染拡大の傾向が一層、強まってきた。対策が手遅れとなっている。過去のSARSのウイルス特定で大きな功績を挙げている香港の専門家が武漢市を視察した結果、「SARSの10倍規模」と絶句している。

 

『大紀元』(1月24日付)は、「武漢視察の香港専門家『感染規模はSARS10倍以上』現状に『無力感』」と題する記事を掲載した。

 

感染症の権威である香港大学教授・新発伝染性疾病国家重点実験室の管軼主任は23日、中国メディア『財新網』の取材で、新型肺炎の感染規模は『重症急性呼吸器症候群(SARS)の10倍以上だ』との見解を示した。同主任は1月21〜22日まで、武漢で現地調査を行った。

 

管氏の研究チームは過去、2002~03年にかけて発生したSARSの際、世界で初めてSARSの原因が新種のコロナウイルスだと特定した。また、チームはSARSの感染源は広東省の生鮮市場だと確定した。このように定評ある実績を持つ管氏が、武漢肺炎について下す判断は、きわめて貴重である。

 


(1)「香港大学教授・管軼主任は、「今回の状況に恐怖を感じた」という。これまで「鳥インフルエンザ、SARSA型インフルエンザウイルスのH5N1亜型、豚コレラ」を経験した同氏は、今回の新型肺炎について、「強い無力感に襲われた」「今回の感染規模は控えめの試算でもSARS10倍以上だ」「現在、感染源は全面的に広まっている」と述べた」

 

管軼主任は、過去の大型感染症を経験した専門家である。武漢市の防疫体制が全く不備であると指摘している。武漢肺炎は、控え目に見てもSARSの10倍以上の規模で発症しているという。対策が後手、後手に回っているのだ。

 

(2)「管軼氏は、武漢市民の防疫意識の低さを指摘した。21日午後、武漢市内の市場を視察した同氏は、市場の悪劣な衛生状況に「非常に驚いた」と話し、市場で旧正月に使う食材を購入していた市民のうち、マスクを付けている人は「1割以下だ」という。空港でも、床が消毒されておらず、スタッフが手で体温計を持って乗客の体温を測っている。空港内に消毒液が設置されているところはわずかだ」

 

防疫体制の不備が、感染規模を爆発的に拡大している。先進国から見れば、非常に立遅れている。

 

(3)「管氏は、武漢市で感染は「すでに抑えられない状況になった」と判断した。この状況に対して、「現地の感染防止対策は全く強化されていない」「22日までの状況を見ると、武漢は無防備のままだ」と指摘した」。同氏は、武漢市が23日未明に市を封鎖すると発表したことについて、「感染拡大防止の黄金期を失ったため、効果はもはや楽観視できない」との見解を示した」

 

管氏は、感染拡大防止の黄金期を失ったため、効果はもはや楽観視できないとの見解を示した。WHO(世界保健機関)は、24日未明の発表でも「様子見」を続けている。中国政府からの圧力がかかっているのだろう。