a0960_004876_m
   

昨年の7月以降、「反日不買」運動が盛り上がった。NOJAPAN」の幟がソウルや釜山の街に掲げられた。この「NOJAPAN」が人種差別に当る。現在、韓国国内でこういう問題が議論になっているほど、反日で沸騰していた。年が改まって、「風」はアゲインストからフォローに変ってきたようである、日本旅行が復活の兆しを見せているからだ。

 

今年のソル(旧正月)連休(1月24日~27日)は、韓国旅行客の日本旅行に対する人気が復活しつつあることが分かってきた。20日、旅行予約プラットホーム「アゴダ(Agoda)」は、アジア圏旅行客の2020年旧正月連休期間の宿泊予約データを分析した結果を発表した。今年の旧正月連休にアジア地域旅行客に最も人気がある旅行先は東京だった。

 

昨年7月以来の日韓騒動で、韓国の日本旅行客は急減した。昨年12月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月より63.%減の24万8000人。減少幅は11月の65.%よりわずかに縮まったが、日韓の対立を背景にした「日本旅行離れ」が顕著であった。昨年1年間の韓国人旅行者数は、前年より25.%も減って558万4600人だった。

 

この減少基調が、1月の旧正月で逆転して再び、「日本旅行」が浮上してきたのだ。ちょっと信じがたい感じもする。航空会社の乗客が今回の旧正月連休に韓国全土で220万人を上回ると予想される中、一部の日本路線の予約率が80%を超えるなど、日本不買運動が下火の気配を見せていることは間違いない

 

『朝鮮日報』(1月24日付)は、「NOジャパン終了? 日本の一部路線で予約率80%超」と題する記事を掲載した。

 

(1)「韓国空港公社釜山地域本部は旧正月連休特別交通対策期間の23日から27日までで国内線91576人、国際線141043人の計約23万人が金海国際空港を利用するものと予想されることを23日、明らかにした。一日平均利用客数は約46000人で、昨年の5万人より低い数値だ」。

 

釜山の金海国際空港を利用する搭乗客は、旧正月中で昨年よりも8%ほど減っている。これは、韓国経済の落込みと休日の関係を反映したものだ。

 

(2)「国際線では旧正月連休期間の一日平均利用客数が28208人で、昨年の3万人より約5.8%減少する見通しだ。しかし、同期間中の日本路線の平均搭乗率は60.8%で、搭乗率が50%まで下がった昨年下半期に比べると上昇傾向にあることが分かった。一部の格安航空会社では、旧正月連休の日本路線の平均予約率が84%に達するという。業界関係者は「昨年の旧正月連休期間の日本路線平均搭乗率が80%を上回っていたのと比較するとまだ低いが、今回の連休を基点に日本旅客需要が回復傾向に転じる可能性もある」と語った」

 

国際線は全体で、昨年比5.8%減という。同期間中の日本路線の平均搭乗率は60.8%だ。昨年は80%を上回っていたことから見れば、約20%ポイントも開いている。ただ、一部の格安航空会社では平均予約率84%にも達している。これから見ると、日本観光が底入れして、再び回復軌道に乗ってきたと見える。本格的な「GOジャパン」とまでは言えないにしても、「日本人気」が戻り始めたとは言えそうだ。

 

韓国航空業界は、今回の旧正月連休期間を基点に、日本旅客の需要が顕著な回復傾向を示すだろうと展望している。韓国国内の対日ムードが、緩和してきたことが理由であろう。韓国指導部から、厳しい批判発言が消えていることが支えになっている。