a0001_000088_m
   

中国武漢で発症の新型ウイルス感染者数が激増している。長い潜伏期間とその間も感染する悪条件が、感染者を世界的に拡大している。これからどうなるか。世界で25万人が感染する予測も出ており、各国は防疫体制を固めるべく必死である。

 

その中で韓国は、政府の請願板に5日間で50万人以上にも及ぶ「中国人の入国禁止」という過激な要求が出てきた。普段は、中国に対して言いたいことも言えず、平身低頭している身だ。中国が弱り目になると、途端に高姿勢に転じて「入国禁止」とは、身勝手過ぎる。

 

北朝鮮も同じ姿勢である。中国人観光客の入国を禁止しており、中国から入るすべての外国人に対しては1カ月間の隔離と医療観察措置の義務化を決めるなど、新型ウイルスの流入阻止に総力を挙げている。北朝鮮は、防疫体制面で不備であることは十分に想像できる。それにしても「掌返し」の印象が強い。

 

「朝鮮民族」と一括りした議論は飛躍し過ぎるが、相手が弱いと見た場合に高姿勢に転じるのは、劣等感の裏返しであろう。戦後日本の混乱期に朝鮮の人々は、自らを「戦勝国民」と言って威張り散らした歴史がある。ロッテは、こういう雰囲気の中で、米軍司令部から特別の配慮で「ガム事業」が軌道に乗ったと伝えられている。そのロッテ創業者は、心から日本人を憎んでいたという。事業が成功できた日本を恨む。これを、朝鮮民族の深層心理とすれば、韓国も北朝鮮も、新型ウイルスで苦悩する中国に対して、距離を置く姿勢を見せるのも納得できるのだ。

 


『朝鮮日報』(1月29日付)は、「武漢肺炎、反中は駄目だが与党は国民の健康から先に心配を」と題する社説を掲載した。

 

(1)「大統領府ホームページの国民請願掲示板には「中国人の入国禁止」を求める書き込みにここ5日間で50万人以上が賛同した。武漢肺炎で中国と中国人に対する無分別な嫌悪感をむき出しにするのは良くない。一部とはいえ、ネット上には「中国人の患者たちがただで治療してもらうため韓国に集まってきている」といったフェイクニュースも出回っている。中国人も感染病の被害者にすぎない。隣国として支援できることがあれば支援すべきだ。武漢肺炎に対する行き過ぎた恐怖心やデマが広がるようなことも阻止しなければならない」

 

国民の品位は、相手国が苦難に遭ったときに示す態度に表れる。韓国では、東日本大震災時に、「ざまあ見ろ」という投稿があって顰蹙(ひんしゅく)を買った。武漢の新型ウイルスに対して、「中国人の入国禁止」は行き過ぎた話だ。厳重な防疫体制を取っても、「入国禁止」とは冷淡な要求だ。

 

ソウル麻浦区(マポグ)の繁華街、弘大入口(ホンデイプク)駅近くの路上で29日、韓国人3人と中国人4人が暴行容疑で警察の取り調べを受けた。麻浦警察署によると、29日午前1時30分ごろ、双方の言い争いは互いが歩行中に相手の肩にぶつかりながら始まった。中国人一行は取り調べで「韓国人一行が『中国に帰れ』などの発言をした」と陳述したという。こういうレベルの話に、韓国人の狭量さを感じるのだ。

 

(2)「韓国政府と与党は韓国国民の健康を優先する姿勢を示すべきだ。隣国への心配はその次にしてもよい。今月1324日の間、武漢から韓国への入国者は3000人に達したという。つまり今後も韓国国内の感染者がさらに増える可能性も考えられるということだ。韓国政府は当初「政府を信じ、行き過ぎた不安は抱かないように」と呼び掛けていたが、後に武漢から入国した人に対しては全数調査を行う方針へと見直した。国民の間では不安が高まっている。このような状況で与党の院内代表が「中国は友人」と強調したため「また中国の顔色をうかがっている」「国民の健康よりも中国との関係が優先か」といった不満の声も広がっている

 

下線部は、「韓国人優先」と言わずもがなのことを記している。自国民優先は大原則だ。ただ、映画「寅さん」の台詞でないが、「それを言ったらおしまいよ」という感じが強い。あくまでも、相手への「いたわり」が必要であろう。

 

茂木外相は、中国の王外相に「困ったときに力を尽くして助ける友こそが真の友ではないか」とし「日本は中国と疾病の脅威に共同で対応し、中国に全方向的な支持と援助を提供する」と明らかにした。『中央日報』(1月29日付)は、こう伝えている。

 

(3)「疾病本部でもない韓国大統領府が、「武漢肺炎」ではなく「新型コロナウイルス」という表記を使うよう求めているのはなぜか。世界保健機関(WHO)は疾病の名称に特定の地域を明示しないよう勧告しているが、実際は「日本脳炎」「中東呼吸器症候群」「アフリカ豚コレラ」などすでに広く使われている言葉もある。中国ではなく米国や日本だった場合、大統領府はどうしただろうか。今の政権は「東京オリンピックは放射能オリンピック」と主張しボイコットまでちらつかせている。与党も外交部(省に相当)に対し「日本旅行の規制を検討してほしい」と正式に要請した。このような政権が中国に対しては軍事主権を自ら制限する「3不合意」に応じ、大気汚染問題ではまともに抗議さえしていない。大統領が中国で意図的にぞんざいな扱いを受け、韓国を「小さい国」と侮辱したこともある。中国の前では常に小さくなる理由が気になるところだ」

 

このパラグラフでは、韓国の日本と中国に対する差別を指摘している。中国には気を使い、日本を粗略に扱う文政権の姿勢を問題にしているからだ。この指摘は正しい。文政権がいつまでも、福島原発の放射能汚染問題を吹聴して歩くのは、狭量さを物語っている。韓国国民の狭量さは、民族特性であるからすぐには直らない。だが、文政権の日本を差別する狭量さには断固、抗議すべきで改めさせなければならない。