a0005_000131_m
   
   

中国・武漢市を発症地とする「新型コロナウイルス」を巡っては、次第にその背景が問題点として浮き上がってきた。それは、感染症の自然発生的な大流行でなく、生物兵器として開発した新型コロナウイルスが、安全性管理上のミスで流出したのでないか、とする疑惑が出てきた。

 

中国は、それを隠すために「米国主犯説」という噂をインターネットに流布させているからだ。当局は、インターネットを厳しく監視している。だが、この米国主犯説を削除もせず放置しているのは何故か。中国国民の政府批判を米国へ転嫁させる「意図」と読めるのである。

 

『大紀元』(2月15日付)は、「新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る」と題する寄稿記事を掲載した。筆者は、Steven W.Mosher氏は人口研究所の所長であり、「アジアの脅威:なぜ中国の夢が世界秩序への新たな脅威なのか。」の著者でもある。

 

先ず、結論的部分から紹介したい。

 

(1)「感染の発生源に関しても、当局はウソの連続であった。彼らはまず、武漢市の海産物卸売市場で販売されているヘビやコウモリを槍玉に挙げて市場を封鎖した。しかしすぐに、ヘビは新型コロナウイルスに感染しておらず、コウモリは同市場では売られていなかったことが判明した。新型コロナウイルスが流出した中国の生物兵器であるという理論を証明する最後の証拠がある。中国では、米国が中国国民に対して意図的に生物兵器を解き放ったという噂がインターネット上で拡散している」

下線部分は、事実と異なっている。これまで、中国当局から発表された感染源とされる「コウモリ」は、武漢市の海産物卸売市場で販売されていなかった。「ヘビ」は、感染していないことが判明している。こういう「噓」を突付けられると、これまでの「新型コロナウイルス」が、自然発生でないことを疑わざるを得なくなるのだ。

 


(2)「米国生物兵器禁止法(Biological Weapons Anti-Terrorism Act of 1989)の起草者フランシス・ボイル博士は、「われわれが戦っている新型コロナウイルスは、危険な生物兵器に他ならない」と考えている。感染の中心地である中国・武漢市にある武漢ウイルス研究所について、彼は「その研究所では以前にも流出事故が報告されている」と付け加えた。ボイル氏の見解が正しいとすれば、中国政府はそうした生物兵器を開発する意図と能力の両方を持たなければならないことになる。果たしてそれは本当だろうか?」

(3)「中国人民解放軍(PLA)の仕波(Zhang Shibo)氏は、2017年に出版された著書「Wars New High Land」の中で、「現代のバイオテクノロジーの開発は、民族攻撃を含む攻撃能力特有の強い兆候を徐々に示しつつある。」と主張している。要するに彼は、他の民族を殺害する生物兵器について述べているのだ。彼を単なる過激派だと非難する人々には、氏が第18回中央委員会(20122017年)の委員であり、国防大学の前学長であることを心に留めてほしい」

中国共産党(CCP)は、国連の生物兵器禁止条約に署名しているにも関わらず、生物兵器の開発が軍事的優位性を得るための重要な鍵と見なしている。これは有名な話である。

(4)「中国が生物学的超兵器の作成に必要な遺伝子編集を可能にするクリスパー(CRISPR)技術を習得していることは広く知られている。最近では、HIVに耐性を持つように人間のゲノムを編集した中国の科学者、賀建奎(He Jiankui)氏が、懲役3年の実刑判決を受けている」

中国が、遺伝子組み替えに異常な関心を見せていることは、これまでいくつか報道されてきた。そのたびに、倫理問題が提起され批判対象になってきた。

 


(5)「攻撃用生物兵器を遺伝子操作する場合、それらを格納容器から流出させないための安全な設備が必要となる。中国にあるレベル4の微生物学研究所は、武漢市にある武漢ウイルス研究所ただ1つだ。技術と設備に加えて、生の生体材料も必要だ。これは自然界で最も危険なウイルスを手にすることを意味し、致死力を高めるためにそれらの特性を操作することもできる。たとえば、別の動物から集められたウイルスの人から人への感染力を強化すること、または感染者に症状が現れるまでの潜伏期間を伸ばすことなどがこれにあたる」

 

今回の「新型コロナウイルス」では、潜伏期間についていろいろと説が変わっている。従来のパターンでは推し測れなくなっている。

 

(6)「中国には生物兵器を作成するために必要な技術、設備、および生の生体材料がすべてそろっていたということになる。『ワシントン・ポスト』をはじめとする多くの主流メディアは、新型コロナウイルスは陰謀などでなく自然の産物だとわれわれを納得させ、それに反対する人々を頭のおかしい陰謀論者に仕立て上げた。インド人ウイルス学者らが、新型コロナウイルスにはHIV遺伝子配列に類似したものが含まれていることを示唆する論文を発表すると、激しく攻撃され撤回を余儀なくされた。論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにヒト免疫系を傷つけさせることはできないと主張した

下線部分に、「HIVが遺伝子として組み込まれている」という記述がある。現在、特効薬として期待されているものには、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)関連の薬剤が候補に挙がっている。ここは、冷静に事態の動きを見るべきだろう。中国が、WHO(世界保健機関)の調査団受入れを拒否している背景と結びつけて見れば、真相が浮かび上がってくるはずだ。