テイカカズラ
   


富士フイルム富山化学工業が開発した「アビガン」は、30カ国が新型コロナウイルスの治療薬として臨床試験に使用するため、提供を求めてきていることが分かった。菅義偉官房長官が3日午後の会見で明らかにした。政府内では無償提供する方向で調整しているという。一方、ドイツではアビガンを治療薬として使用することを明らかにしている。

 

『時事通信』(4月2日付)は、「独政府、『アビガン』大量購入へ、新型コロナへの効果期待」と題する記事を掲載した。

 

(1)「ドイツ政府は、富士フイルムのグループ会社が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」を、新型コロナウイルス感染者への治療効果が期待されるとして、大量に購入する方針を決めた。2日付の『フランクフルター・アルゲマイネ』紙が報じた。購入規模は、数百万セットに上る可能性があるという。アビガンについては、中国政府が治療効果を臨床試験で確認したとしており、同国企業が後発医薬品(ジェネリック)の生産を進める方針。ドイツの新型ウイルス研究第一人者であるシャリテー大学病院ウイルス学研究所のドロステン所長は同紙に、アビガンについて「有望だ。効果を示す初期段階のエビデンス(根拠)がある」と述べた」

 

ドイツ政府は、アビガンを数百万セットの規模で購入する予定という。すでに、中国で治療効果が認められている。中国の臨床報告では、軽症の場合に7日間の投与で7割が回復するという成果が出ている。ドイツ政府はこの効果に注目して、数百万セットの購入も可能という話になってきたのであろう。

 

アビガンは、前記のように世界30ヶ国から臨床試験に使いたいという申し込みを受けている。これだけ、注目されているアビガンを一笑に付して、「フェイクニュース」扱いしたのが韓国である。いかに、反日の国とは言え真面目に対応すべきである。韓国が、アビガンにどのような対応をしているか。再々度、取り上げたい。

 

『中央日報』(3月16日付)は、「韓国政府、日本のアビガンを新型コロナ治療薬に使用しない方針『臨床的根拠が不十分』」と題する記事を掲載した。

 

韓国政府が新型コロナウイルス感染症の治療のために輸入特例を検討していた日本の新型コロナウイルス治療薬「アビガン」を導入しない方針を決めた。アビガンを新型コロナ治療薬として使用するほどの臨床的根拠が十分でない、という国内専門家らの意見に従ったのだ。

 

(2)「韓国の食品医薬品安全処は16日、疾病管理本部からアビガンを国内に導入してほしいという要請がなく、医薬品輸入特例を検討していないと明らかにした。アビガンは富士フイルムの子会社の富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬。日本政府は2014年、従来のインフルエンザ治療薬が効かない場合に使用できるという条件で承認した。日本は最近、新型コロナ患者にアビガンを投薬して一部効果が見られたと明らかにした」

 

韓国食品医薬品安全処は、疾病管理本部からアビガンの国内導入要請がなかったので、輸入を検討しない方針を明らかにした。

(3)「食品医薬品安全処の李儀卿(イ・ウィギョン)処長は先月25日、アビガンについて「まだ国内使用が許可されておらず、輸入特例など導入案を検討中」と述べた。その後、疾病管理本部などは特に要請をしなかった。疾病管理本部は医療界がこの薬物の効能・効果を疑問視しているという点に注目した。新型コロナ感染者の治療を担当した主治医らで構成された中央臨床委員会などは、アビガンを新型コロナ治療に使用するほどの根拠が十分でないとみている。国際学術誌『ネイチャー』などに掲載された論文を分析した結果、アビガンが新型コロナウイルス抑制効果はなく、副作用も深刻であり、新型コロナ治療薬として使用しにくいという結論を出した」

 

中国では、肺炎などの症状が改善したという。今後、中国の医療現場で患者への使用が推奨される手はずになっている。韓国は、最初からアビガンを拒否する姿勢が鮮明である。中国でも治療現場で使われていることは承知のはず。だが、中国へ問合せもせず、文献だけで不採用を決めた。文政権の反日姿勢を「忖度」したのだろう。

 

(4)「中央臨床委員会のオ・ミョンドン委員長(ソウル大病院感染内科教授)は「アビガンは試験管研究で新型コロナウイルス抑制効果がなかった。患者に臨床試験を施行したデータもない」とし「動物実験で胎児への毒性と死亡が報告されるなど深刻な副作用がある薬物」と述べた。続いて「中国で治療薬として許可されたというニュースがあったが、ネイチャーの論文によると『単に臨床試験患者を募集する』と話しただけだった」と指摘した。オ教授は世界保健機関(WHO)でも新型コロナ治療薬臨床試験「候補」にアビガンを挙げていないと伝えた。オ教授は「アビガンはWHOが選別して公開した新型コロナ治療薬臨床試験医薬品候補目録に含まれなかった。これ以上はアビガンが治療薬として許可されたというフェイクニュースが広がらないことを望む」と話した」

 

下線部分は、完全拒否の姿勢である。アビガンが治療薬として許可されたことを「フェイクニュ-ス」とまで言い切り捨てている。日本への感情的反発を隠すことなく顕わにした。これが、人間の生命を預かる医師の発言であろうか。