a0960_008570_m
   

韓国軍は文大統領就任後、明らかに気の緩みが起こっている。韓国軍の主敵は従来、北朝鮮であった。文大統領は、北朝鮮軍に対する「主敵」の文字を削除して曖昧にした。これが、韓国軍の士気を大いに落としており、北朝鮮への警戒心が薄れたままだ。

 

『朝鮮日報』(8月1日付)は、「監視装置が7回も捕捉した越北に気付かない韓国軍」と題する社説を掲載した。

 

7月18日に脱北民のキム氏が漢江を渡って北朝鮮入りする過程は、韓国軍の監視装置に合計7回も捕捉されていたことが確認された。海兵隊所属の哨所の監視カメラ(CCTV)および近距離・中距離監視装置に5回、熱映像監視装置(TOD)に2回、記録が残っていたという。にもかかわらず韓国軍は、北朝鮮のテレビが7月26日にキム氏の北朝鮮入りの事実を発表するまで全く気付いていなかった。越北当時、監視兵は北朝鮮に山火事が起きたのを見ており、標的を認識できなかったという。

 

(1)「問題になった海兵隊哨所は、本来は4交代体制であるべきなのに、人員不足のため3交代で運営されていたという。6時間が集中力を維持できる限界なのに8時間に伸ばしたのだから、隙が生じることは避けられない。また合同参謀本部は「画面上では識別が難しい面があった」と釈明した。画面を見ていたとしても、熟達した専門家でなければ気付くのは困難だったというのだ」

 

海兵隊哨所は、人員不足に悩まされているという。6時間が集中力を維持できる限界なのに、8時間に伸ばしたのだから、隙が生じるはずと言っている。軍隊で、そのような言い訳が通ると考えているところが、「韓国社会」らしいのである。

 


(2)「文在寅(ムン・ジェイン)政権が推進する国防改革2.0によると、常備兵力は2018年7月の61万8000人から、2022年までに段階的に50万人へと減らすことになっている。師団ごとの担当前線が1.2倍ほど増えることになる。軍服務期間も21カ月から18カ月に減る。これに伴い、自己の任務を十分にこなし難い非熟練兵の比率は67%に増加すると分析されている。兵力削減と服務短縮に伴って懸念されていた問題点が、今回の越北探知失敗でそのまま露わになったのだ」

 

韓国の常備兵力は、2018年7月の61万8000人から、2022年までに段階的に50万人へと減らすことになっている。その上、軍服務期間も21カ月から18カ月に減る。こういう軍部の改革が行なわれる中で、韓国軍の熟練度はおおいに低下する危険性が強まっている。非熟練兵の比率は67%も増加するという分析が出ているという。

 

米軍が、韓国軍を「インド太平洋戦略」の一環に組み込んでも、期待通りの働きをするかどうか疑問である。米陸軍の研究レポートでは、日本・豪州・台湾の軍隊をパートナーに選ぶとしている。米国も、韓国軍の中身をよく分析している。


(3)「かねてより、18カ月服務の韓国軍50万人で7~10年にわたって長期服務する北朝鮮軍128万人を相手にできるのか、という懸念があった。韓国軍は「ドローンボットや無人偵察機のような先端監視偵察システムで補完が可能」と豪語していた。高い金を払って先端装備を購入して、何をするのか。その装備をきちんと運用できる熟練した人員が足りなければ、無用の長物にほかならない」

 

18カ月服務の韓国軍50万人が、7~10年にわたって長期服務する北朝鮮軍128万人を相手にできるのか。これは、誰でもが抱く疑問である。北朝鮮軍兵士は、上官に賄賂を渡せば、演習にも出てこないというから、強い軍隊とは言い難い。それにしても、韓国軍もたるんでいる。この南北軍が、戦争するとは信じがたい架空の話に思えるのだ。

 

(4)「キム氏が北朝鮮に渡ったそのルートを利用して北朝鮮特殊部隊の精鋭要員が潜入してきたら、どうなっていたか。今年になって、酒に酔った人物や認知症の高齢者が韓国軍部隊に入り込む警戒失敗事件が繰り返されるたび、国防相は「弁明の余地はない」「反省する」「特段の対策を講究したい」と言ってきた。監視装置に7回も捕捉された越北場面にまるで気付かなかった今回の事態では、またどんな弁明をすることになるのか」

 

韓国軍の士気低下は激しいものがある。部隊内へ酒に酔った人物や、認知症の高齢者が入り込むとは、衛兵が任務を全うしていない証拠である。聞けば聞くほど呆れた軍隊である。