a0960_008532_m
   


人権意識の希薄な国ほど恐ろしいものはない。その典型例が、中国のコロナワクチン接種問題である。まだ治験完了前のワクチンを、すでに数万人にも接種したからだ。副作用が出ても構わない。外交上の得点になればあえてやる。こういう信条の中国政府には、手の施しようがない。

 

『ロイター』(9月18日付)は、「中国、治験完了前のコロナワクチンを数万人に接種」と題する記事を掲載した。

 

中国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、臨床試験(治験)が完了していない段階で市民数万人に緊急接種する方法を採用している。供給を確保したい外国からも関心が寄せられているが、専門家の間では安全性を懸念する声が出ている。

 

(1)「9月16日、中国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、臨床試験(治験)が完了していない段階で市民数万人に緊急接種する方法を採用している。中国は7月、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術(CNBG)および、バイオ医薬品シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)が開発するワクチン3種類について緊急使用計画を開始。カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)が4種類目のワクチンを開発中で、6月に中国軍での使用が認められた」

 

中国に、3段階の治験過程をすべて終わったコロナワクチンは存在しない。関門である第3段階を終わらないで実用化しているのは、人命軽視=人権思想の不在を証明している。人間がモルモット代わりにされているからだ。

 


(2)「緊急接種の対象は医療、運輸、食品市場などの労働者。政府は接種件数などの公式データを公表していない。CNBGとシノバックは、少なくとも数万人が接種を受けたことを確認。CNBGはまた、同社が数十万錠を提供したとしている。同社のワクチンの1つは、1人当たり2、3回接種する必要がある。中国は公的な職や高いポストに就く人々が率先して接種を受けることで、市民の支持を醸成しようとしている。シノバックとシノファームの最高経営責任者(CEO)や軍の調査責任者などが、早い段階で接種を受けた」

 

緊急接種の対象は、医療、運輸、食品市場などの現場で働く人たちという。コロナ感染を防ぐ意味だ。それにしてもワクチンが完成品になるまでには治験を経なければならない。それを省略して、接種とはなんとも無謀国家らしい振る舞いである。

 

(3)「中国疾病予防コントロールセンター(CCDC)の安全性責任者は今週、4月に接種を受けたと明かした。同氏は国営テレビで「今のところ、ワクチン接種を受けた人の中で新型コロナの症状が出た人はいない。今のところ(接種プログラムは)非常にうまくいっており、副作用は見られない」と述べ、早ければ11月にも一部ワクチンが実用化できる可能性を示した。CNBGも先週、接種後にリスクの高い国や地域を訪れた数万人の中から、感染者は1人も出ていないと説明。「明らかな副作用も皆無だ」としている」

 

下線のような自画自賛の声が上がっている。それほど自信のあるワクチンであれば、正規の治験を経て、正式な科学データを揃えるべきである。そうでなければ、国際社会での認知は得られないのだ。

 

(4)「多くの西側諸国では、専門家が治験完了前のワクチンの緊急使用に反対している。長期的な有効性と副作用の可能性が把握できないからだ。米ジョンズ・ホプキンス大学のワクチン研究家アンナ・ダービン氏は中国の緊急使用プログラムについて、「コントロールグループ」と比較対照する標準的な治験を行わなければ効果の判断は不可能だとし、「極めて問題が多い」と話した。中国以外で実験段階のワクチン使用を認めている国はわずかで、その1つがロシアだ」

 

こういう違法ワクチンが、世に出回ったらと思うと空恐ろしさを覚える。野放しは許されまい。こういうときほど、WHO(世界貿易機関)は、声を出さなければならないのだ。

 

(5)「アラブ首長国連邦(UAE)は今週、シノファームのワクチンの緊急使用を承認した。中国のワクチンに外国で緊急使用の承認が下りるのは初めてのことだ。UAEは6週間前に治験を始めたばかり。高官らによると、治験の間、予想された軽い副作用は出たが、深刻な副作用はなかった。関係筋によると、カンシノには複数の国々から打診があった。軍での使用許可が関心を呼んだという。カンシノからはコメント要請への返答が得られていない。CNBG幹部は、複数の外国が実験段階のワクチン約5億回分の購入に興味を抱いていると述べた」

 

中国は、今年に入ってからマスクや医療用品を世界各国に提供した。いわゆるマスク外交だ。今度は、ワクチン外交を始めている。コロナウイルス「発症国」という悪いイメージを消す算段を始めている。

 

(6)「米シンクタンク、グローバル・ヘルスのヤンゾン・フアン氏は、「中国がこの逸話から、自国はパンデミックの原因ではなく解決役と見なされている、という物語を作り上げようとしているのは明らかだ」と指摘。「トランプ(米大統領)が米国第一主義をとり、多くの国々による米国製ワクチンの購入機会を断っているだけに、この物語は皮肉にも一段と説得力を帯びるかもしれない」と語った」

 

中国は、世界中にコロナウイルスをまき散らしたが、コロナワクチンでその汚名を消すほか、コロナ克服に貢献した国というイメージづくりを始めている。盗賊が義賊に姿を変えようとしているのだ。