a0960_008532_m
   

先の国連演説で、文大統領は「朝鮮戦争終結宣言」発言をして米国から強い批判を浴びた。北が核放棄しない前に、朝鮮戦争終結宣言とは非常識というものだ。文氏が、そこまで譲歩して北朝鮮を庇っているのに、韓国国民が北朝鮮軍から海上で射殺され、遺体を燃やされるという異常事件が起こった。

 

文大統領の北朝鮮政策は、完全に方向を間違えているという批判が強い。前記の民間人射殺では、韓国軍が経緯を把握しながら、北朝鮮側に救助の依頼をしなかったのだ。北朝鮮の機嫌を損ねるという思惑があったのであろう。韓国は、自国民の生命保護よりも南北関係を優先させる、信じがたい「人権無視」を行った。この韓国が日本に対して、「人権意識」で慰安婦問題や徴用工問題を持ち出して非難し続けている。ダブルスタンダードである。

 

『中央日報』(9月25日付)は、「民間人を殺害した北朝鮮の蛮行を糾弾する」と題する社説を掲載した。

 

北朝鮮が21日、延坪島(ヨンピョンド)沖で長時間漂流して力尽きていた大韓民国海洋水産部の公務員イさんに銃撃を加えて殺害し、遺体に油をかけて毀損した。「天人共怒」の蛮行だ。北朝鮮は最近、コロナ防疫を理由に「国境地帯1キロ以内に接近する外部の者は射殺する」という、文明国家では想像もできない反倫理的な守則を決めたという。しかしいかなる名分であれ、非武装の民間人を射殺して遺体を燃やした行為は許されない。戦時にも民間人の射殺を禁止するジュネーブ条約を正面から違反した国際的な重犯罪だ。またイさんが射殺された場所は9・19南北軍事合意書で一切の敵対行為を禁止した緩衝海域だ。北朝鮮は南北軍事合意も破ったのだ。



(1)「韓国軍は、冷たい秋の海で40時間ほど漂流したイさんを北朝鮮水上事業所の船舶が発見し、越北の経緯を追及した後、海上に長時間放置した過程を把握していた。当時、北朝鮮側にイさんの送還を要求しながら迅速に対応していれば、Aさんが6時間後に射殺されて遺体を燃やされるという最悪の事態を防げたかもしれない。しかし軍は「我々の領海でない」として眺めていた。軍の存在理由である国民の生命保護をしなかったのだ。さらに「北がそこまでするとは予想できなかった」という弁解に加え、「9・19合意に銃を撃ってはいけないという規定はない」と北朝鮮をかばう態度を見せ、あきれるしかない状況だ」

 

韓国軍は、北朝鮮軍が主敵でなくなって以来、友軍扱いしている節がある。代わって、自衛隊が「主敵」扱いという転倒ぶりである。海上で韓国国民が漂流していれば、即刻北朝鮮に、救助手配をすべきである。それをせずに、「見殺し」という最悪事態を招いた。

 

(2)「イさんは、子ども2人がいる平凡な家庭の家長だ。ところが韓国軍はイさんが北側に渡ろうとして殺害されたと発表し、疑惑を増幅させている。イさんの業務(漁業指導)は船から転落する事故もあり、漂流して北朝鮮水域に入った可能性もあるからだ。たとえイさんが越北を図ったというのが事実だとしても、北朝鮮側がなぜ射殺したのかも疑問だ。7月に韓国で性犯罪を犯して北側に戻った脱北者は、北朝鮮に無事に入ったほか赦免まで受けたという。政府が南北関係の悪化を憂慮して明確な証拠もなくイさんを「越北」と決めつけたのではという疑惑が提起される理由だ」

 

北朝鮮の蛮行ぶりは、すでに知れ渡っている。それにも関わらず、韓国軍は救助の手配を怠ったのである。その上、被害者を「越北者」扱いして責任を逃れようとしている。仮に、越北者としても、韓国軍は自国民の越北を阻止する義務があるだろう。国境警備とは、そういう役割である。

 


(3)「今回の事件が公開された時点も深刻な問題だ。軍は21-22日に発生したイさんの行方不明・死亡事件について沈黙していたが、メディアが国会発で報道を始めると24日午前になって公開し、隠蔽・縮小疑惑を自ら招いた。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の対応も疑惑だらけだ。青瓦台はイさんが殺害された直後の21日午後10時30分ごろ関連機密情報を入手し、3時間後に国家安全保障会議(NSC)を開いた。それだけ事案を重く受け止めていたという証拠だ。にもかかわらず文大統領はその直後に画像で進行された第75回国連総会の基調演説で南北終戦宣言を提案した」

 

韓国当局は、メディアが報道するまで「何ごともなかったように」情報公開せずにいた。北朝鮮のイメージが落ちることを避けたかったのだろう。それほど韓国政府は、北朝鮮の代理人に成り下がっている。

 

(4)「青瓦台は、「演説は15日に録画された内容であり、情報の信憑性が確認されなかったため、演説をそのまま送りだした」という。非常状況だったにもかかわらず、北朝鮮に融和的な内容が入った演説を修正なく送りだした点は、「終戦」イベントに執着して国民の生命は後まわしにしたのではという疑問を抱かせる。青瓦台は今回の事件が文大統領にいつどのように報告されたのか、また、終戦宣言演説がそのまま出た理由について明らかにする必要がある。与党も野党の常任委開催要求に応じて国会レベルで透明に真相調査をし、責任者の問責と再発防止対策の樹立に全力を傾けなければいけない。北朝鮮側が責任を取って謝罪するのは言うまでもない」

 

文政権は、南北統一だけが夢である。その夢に水をかけられることを、全力で阻止するという倒錯した価値観に支配されている。無法国家・北朝鮮を意味もなく許したいという思いが、今回の情報隠蔽をもたらしたのであろう。文政権は、国民のための政権でない。北朝鮮の代理人となっている。