a0001_001082_m
   

米国は近年まれな政治的な緊張感が漲っている。大統領選を巡る保守派の反発が、鎮まらないいからだ。1月6日の米議会の占拠事件は、世界中へ大きな衝撃を与えた。数日前からSNS上では、不穏情報が飛び交っていたにもかかわらず、警備陣の油断もあって5人もの犠牲者を出す惨事になった。

 

米ソーシャルメディアは、トランプ大統領が国会占拠事件でツイッターやフェイスブックを使って発信したことが、事件の引き金になったとの判断を下した。その結果、トランプ氏のアカウントについて、ツイッターは永久停止。フェイスブックも当面、凍結する対応を取ることになった。これについて、ドイツとフランスの両政府は、トランプ米大統領のアカウント削除を強く批判している。

 


ドイツのメルケル首相は11日、両社の決定に異を唱え、言論の自由を規定するルールは、民間テクノロジー企業ではなく、立法府の議員が決めるべきだと主張した。フランスのボーヌ欧州問題担当相は11日、民間企業がこのような重要な決定を下すことに「衝撃を受けた」と発言。「これは最高経営責任者(CEO)ではなく市民が決めるべきだ。大手オンラインプラットフォームの公的規制が必要だ」と語った。

 

民間企業が、言論の自由を規定することは間違いである。だが、トランプ氏には約8700万人ものフォロワーがついている。この人たちが、2月20日に騒ぎを起こすとなれば、収拾がつかなくなることも確かであろう。こうなると、安全な道を選ぶという、選択もあるだろう。

 


『ブルンバーグ』(1月12日付け)は、「米50州の州都全てで武装した抗議活動計画の恐れ、FBIが警告」と題する記事を掲載した。

 

(1)「米連邦捜査局(FBI)は全米50州の州都全てに対する脅威を警告した。次期大統領就任式の安全確保の取り組みは1週間前倒しされる。就任式の間は連邦議会議事堂で最大1万5000人の州兵が警備に当たる。FBIは、武装した抗議活動の計画が1月16日から50州の州都全てで、17日から連邦議会議事堂であると警告した。法執行当局者によれば、抗議活動は20日の就任式まで続く可能性がある。国土安全保障省は就任式の安全確保の取り組みを当初予定の19日から1週間前倒しし、13日に開始すると発表した」

 

FBIが、全米50州の州都全てに対する脅威を警告したのは異常なことである。先に、米議会が大混乱に陥った例から見ても、油断は絶対に許されないからだ。

 


『ウォール・ストリート・ジャーナル』(1月12日付け)は、「トランプ派がデモ呼びかけ、一部で武装計画も」と題する記事を掲載した。

 

ドナルド・トランプ米大統領の支持者らがネット上で再び選挙結果に抗議する行進を計画しており、先の連邦議事堂占拠で不意を突かれた法執行当局は警戒を強めている。トランプ氏支持者らのネットフォーラムでは、さらなるデモ集会の計画が浮上しており、主催者の一部は銃器を持ち込むよう促している。

 

(2)「ネット上で過激派の脅威を分析する「サイト・インテリジェンス・グループ」は9日、武装した右派による抗議デモが1月17日に予定されているとの報告書を公表した。トランプ氏の支持派や反政府活動家らが首都ワシントンや各州の州議会周辺での結集を呼びかけているという。ネット上で出回っているあるイベントの告知では、「個人の判断で武装して」参加するよう求めている」

 

トランプ支持派が1月17日に、首都ワシントンや各州の州議会周辺での結集を呼びかけている。「個人の判断で武装して」参加するよう求めているともいう。

 

(3)「アメリカン大学のリサーチアソシエート(過激派専門)、メイリ・クリージス氏が提供したスクリーンショットによると、ジョー・バイデン次期大統領の就任式が開かれる1月20日に首都ワシントンで「百万人の武装派による行進」を呼びかけるものもある。ネット上でのデモを呼びかけは通常、公開のサイトで行われるが、多くはソーシャルメディア上の非公開のグループや暗号化されたアプリが舞台となっており、法執行当局による監視を難しくしている」

 

トランプ支持派は、ソーシャルメディア上の非公開のグループや暗号化されたアプリを使って、結集を呼びかけている。

 

(4)「ツイッターは8日、「さらなる暴動の扇動リスク」を理由に、トランプ氏のアカウントを永久停止とした。同社はその一例として、トランプ氏がバイデン氏の就任式に欠席すると明らかにしたツイートについて、支持者の間で2020年の大統領選の結果は正当ではないと受け止められていることに言及。また就任式はトランプ氏が欠席することで、「狙いやすい」標的だとの見方も出ているとしている

 

大統領就任式はトランプ氏が欠席することで、「狙いやすい」標的だとの見方も出ているという。こうなると、騒ぎが一段と大きくなる懸念も強まる。警備陣も頭の痛いところだ。