a0960_008564_m
   

中国製のコロナワクチンの有効性データは、系統的に発表されたことのない不可思議な存在である。中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスのワクチンは最終治験先の国でバラバラの結果が出ているからだ。この裏には、中国側からの強い圧力で、データを改ざんしているのでないかという疑惑が持たれている。

 

『ブルンバーグ』(1月13日付け)は、「中国シノバックのワクチン、4つの大きく異なる有効性―信頼失う恐れ」と題する記事を掲載した。

 

中国の科興控股生物技術が開発した新型コロナウイルスのワクチンは、4つの臨床試験で大きく異なる有効性が過去数週間に示され、不透明感が渦巻いている。

 

(1)「シノバックのワクチンにいち早く飛び付いたインドネシアは、同国で行われた試験での有効性は65%だったと明らかにした。ただ、この試験の参加人数はわずか1620人で、有意なデータを集めるには少な過ぎる。トルコは昨年12月、同国の試験ではシノバックのワクチンは91.25%の有効性を達成したと発表したが、これも同様に参加人数が少なく、十分な結論を得られたとは言いがたい」

 

シノバック製ワクチンは、先進国ではどこも最終治験を行わず、発展途上国のみで行うという歪な関係である。先進国で最終治験を行うと「ボロ」が出ることを危惧しているのであろう。自信があれば、堂々とデータ公開が前提である先進国で行うであろう。

 

(2)「シノバックの試験の中では最大で、1万3000人が参加したブラジルでは、有効性を巡る議論が政争の具と化している。同社のブラジル治験パートナー、ブタンタン研究所は先週、同ワクチンが軽度の症状に対して78%、中度から重度の症状では100%抑える効果を発揮したと発表した。だが今週、ブラジルの試験で示されたシノバックワクチンの「本当の」有効性は50~60%だったと、同国のニュースサイト、UOLが匿名の情報源を引用して報じた。ブタンタン研究所は、これは「推測」だと説明した」

 

下線を付したように、ブラジルでの最終治験ではデータが改ざんされて発表されたという。この調子では、先進国での最終治験を行うはずがない。

 


(3)「新型コロナワクチンの開発で、異なる有効性のデータが表れるのはシノバックだけでなく、英アストラゼネカもそうだった。ただ、中国の開発メーカーは西側企業に比べて安全性や試験に関する情報の開示が少なく、疑いを高めている。習近平国家主席は中国製ワクチンを世界の公共財として全世界と共有すると約束したが、データの不一致は信頼をさらに失わせかねない。豪フリンダース大学医学・公衆衛生学教授のニコライ・ペトロフスキー氏は、コロナワクチンの治験では、「金銭と威信の面から、結果を大きく誇張して発表するよう途方もない圧力がかかっている」と語った

 

下線では、「金銭と威信の面から、結果を大きく誇張して発表するよう途方もない圧力がかかる」と暴露している。どこの国を指しているかすぐ分かる。中国のシノバックであろう。

 

(4)「シノバックの広報担当者はブラジルとトルコ、インドネシアの試験の数字についてコメントを控え、ブラジルのパートナーが追加データを今週発表すると述べるにとどめた」

 

シノバックは、各国で行っている最終治験を発表しないまま、増産体制に入るという。危険な動きだが止めようがない。

 


『ロイター』(1月13日付け)は、「中国シノバック、2月までにコロナワクチン生産能力2倍に=CEO」と題する記事を掲載した。

 

中国の製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の尹衛東最高経営責任者(CEO)は13日、傘下の北京科興中維生物技術(シノバック・ライフ・サイエンシズ)について、新型コロナウイルスワクチンの生産能力を2月までに2倍の年間10億回分へ拡大することが可能との見通しを示した。

 

(5)「尹氏は記者会見で、第1段階ではシノバック・ライフの既存ラインの能力は年間5億回分だが、2月までに追加で5億回分の生産が可能になると説明した。また700万回分以上の同社製ワクチンが北京や広東省などで配布されたと明らかにした。尹氏は各国で行われている同社製ワクチンの臨床試験(治験)について「後期臨床試験の結果はワクチンの安全性と有効性が世界中で良好であることを十分に証明している」と述べた」

 

ここでも、シノバックワクチンの有効性に関するデータは発表されないまま、増産体制に着手するという。こういう過程で生産されるワクチンは、先進国では「ノーサンキュー」だろう。