a0960_008567_m
   


米韓では、対北朝鮮政策で大きな隔たりが見られる。韓国は、ともかく対話を再開すれば北朝鮮が核放棄の話合いに応じるかも知れないと見る。米国は、北朝鮮への無原則な対応が核放棄をはぐらかし、核戦略強化に資するだけという判断である。

 

韓国が、ひたすら北朝鮮のご機嫌伺いに力を入れているのは、北朝鮮の核による「人質心理」に陥っているとの指摘がある。人質犯が、人質に親切な行為をすると、人質は犯人へ親近感を持ち始めるという「ストックホルム症候群」が、すでに文政権の下で起こっていると指摘する向きが現れたのである。

 

『朝鮮日報』(2月13日付)は、「韓国版『ストックホルム症候群』を危惧する」と題する寄稿を掲載した。筆者は、崔剛(チェ・ガン)峨山政策研究院副院長である。

 

核実験を6回も行った北朝鮮は、韓国に対して何のためらいもなく核の脅しを加えてきて、韓国は北朝鮮の核の脅しに戦々恐々とする「核の人質」になってしまった。

 


(1)「北朝鮮の核武装よりも懸念すべきことは、韓国人が「韓国版ストックホルム症候群」に陥っている点だ。ストックホルム症候群は、1973年にスウェーデンの首都ストックホルムのある銀行で、武装強盗が行員4人を人質にして6日間立てこもった事件に由来する。震え上がっていた人質は、犯人が上着を着せてくれるなど友好的なジェスチャーを見せると、犯人に対し親近感を抱き、後には擁護する態度まで見せた。ある人質女性は「私は警察や国の懐より、彼と一緒にいるときの方が安定的で穏やか」とまで言った」

 

ストックホルム症候群とは、人質が犯人の親切にしてくれる行動によって親近感を持つ、という倒錯した関係を意味する。現在の韓国政府は、北朝鮮の核保有で脅迫されているにも関わらず、北朝鮮へ親近感を示すという不思議な心理状態である。まさしくストックホルム症候群である。

 

(2)「2018年に韓国の特使団が平壌を訪れたとき、金正恩は特使団に、核兵器はもちろん通常兵器も韓国に向けて用いないことを確約したという。これを聞いて韓国人が安心したら、ストックホルム症候群に陥るのだ。対北ビラ散布禁止法は、韓国人がストックホルム症候群に陥っていることを示す事例だ。韓国の首都圏が、北朝鮮のミサイル攻撃に対して無防備な状態に置かれているにもかかわらず、追加のTHAAD(超高高度防衛ミサイル)を配備せず、米国主導のミサイル防衛に参加しないという「三不合意」は、ストックホルム症候群のもう一つの事例だ」

 


文政権は、北朝鮮だけでなく中国に対してもストックホルム症候群の症状を見せている。「三不合意」とは、次の三点である。

1.米国のミサイル防衛(MD)体制に加わらない
2.韓米日安保協力が三カ国軍事同盟に発展することはない
3.THAAD(サード)の追加配備は検討しない

 

中国が韓国へミサイル攻撃の照準を合わせているのに、韓国は中国へ「無防備」を誓うという異常な約束である。国家としての体裁を失った敗北宣言をしたようなものだ。文政権は、こういう国を売り渡すような行為をしているのである。

 

(3)「ストックホルム症候群は、人質が犯人に同調して感化され、犯人を弁護するという非理性的な心理現象だ。対北融和政策を行えば、いつか平和が実現すると期待しているのが、韓国版ストックホルム症候群だ。人質状態を抜け出すため努力するよりも、北朝鮮という人質犯の善意に期待しているのだ。北朝鮮の非核化を追求して人質状態から抜け出そうと思うのなら、国全体が人質状態にあることを認めなければならない。まず、北朝鮮の核武装によって韓半島非核化共同宣言がずっと前に破棄されたと認めることから始めるべきだ」

 

下線部分は、文政権の主張していることである。北朝鮮への愛を示せば、北が応えるという善意の期待だ。北朝鮮が、このような善意を持つ国家ならば、約束を反故にして核開発を秘かに行うはずがない。韓国は、こういう厳然たる事実を受入れなければならない。北朝鮮は、韓国に危害を加える人質犯であるのだ。

 

(4)「(南北)非核化共同宣言は、韓半島に非核時代がやって来たと錯覚させ、北朝鮮に核兵器を作る時間を稼がせた。30年が経過した今、共同宣言が北朝鮮の違反により紙切れと化した。北朝鮮は、核保有国の地位を認めさせ、南北関係において主導権を握り、北朝鮮主導の赤化統一を達成しようと考えている。北朝鮮は、自由で豊かな韓国が鼻先にあるということ自体が、閉鎖された北朝鮮の体制に対する脅威だから、韓国をなくそうとしているのだ」

 

北朝鮮は、韓国を侵略した相手である。その相手が今度は、核開発して韓国を脅かしているのである。韓国制圧が目的だ。朝鮮半島の非核化という要求で、在韓米軍の撤退を要求する。その空白期に、南北統一を狙う魂胆である。文政権は、それが分からない。あるいは、承知で北に肩入れしようとしているのかも知れない。北が核を保有しながら、南北統一を主張するのは「クセ玉」である。

 


(5)「先日来韓し、峨山政策研究院を訪問した米国のビーガン国務副長官は、北朝鮮が核を放棄しない場合、韓国と日本が核武装する可能性があると語った。これは、北朝鮮が非核化しなければ韓国と日本の核武装を容認することもあり得るということだと解釈できる。冷戦時代に米国は3万発、ソ連は4万発の核兵器を持っていたが、これは力の均衡をもたらし、米ソ間の冷戦が終わることになった。韓国も、北朝鮮の核による人質状態から解放されて真の平和を実現したいのなら、韓半島で力の均衡を追求すべきだ

 

下線部は重要である。韓国が北朝鮮と軍事的に対等になるには、韓国に米軍の戦略核を置くことも必要である。それを、明言して北朝鮮に核開発が無意味であることを知らせることだ。米国シンクタンクが提案した、日米豪韓の共同戦略の展開も必要であろう。

 

次の記事もご参考に。

2021-02-08

メルマガ230号 米のインド太平洋戦略から韓国脱落、文在寅「空想外交」の破綻

2021-02-12

韓国、「近視眼」文在寅2つの弱点、金正恩は南北対話に「応じない?」