a0960_008532_m
   

英国と中国の対立が激化している。英国が2月4日、中国政府系メディアである中国国際テレビ(CGTN)の放送免許取り消しを公表した。英当局は、CGTNは独立したメディアでなく、「最終的に中国共産党の管理下にある機関によってコントロールされている」と指摘した。

 

これに反発した中国国家広播電視総局は2月12日、英BBCワールドニュースの中国国内での放送を禁止したと発表した。英当局が中国国営テレビの免許を取り消したことを受けた措置とみられる。当局の声明は、BBCワールドの中国関連の報道が規制に著しく違反しており、中国の国益を害していると指摘。中国で放送される海外放送局の要件を満たしておらず、放送免許申請も受理されないとした。

 

以上のように、英中両国は放送メディアを巡って互いに相手国の放送局を排除することになった。ただ、中国CGTNが欧州から排除されることは、共産党宣伝戦で打撃を受けよう。欧州では、中国の反人権やスパイ行為への反発が高まっている。CGTNが放送禁止措置になると、中国は有力広報手段を失う形になる。

 


中英両国の対立状況を見ておきたい。

 

『大紀元』(2月5日付)は、「英当局、中国政府系CGTNの放送免許を停止 『中国共産党の管理下にある』」と題する記事を掲載した。

 

(1)「英国のメディア監督管理当局、放送通信庁(Ofcom)は2月4日、中国政府系メディアである中国国際テレビ(CGTN)の放送免許取り消した。英当局は、CGTNは独立したメディアではなく、「最終的に中国共産党の管理下にある機関によってコントロールされている」と指摘した。Ofcomが発表した声明は、英語による国際ニュースチャンネルCGTNの運営に関して、過去数カ月にわたり調査を行ったと示した。Ofcomは「調査は、CGTNの放送免許を保有する中国企業、スターチャイナ・メディアが実際にCGTNに対して編集責任を負っていないと結論付けた」とした」

 

英国の放送関連法令によれば、放送免許を持つ報道機関は政府の資金提供を受け取ることができるが、政治団体の管理を受けてはならないと定めている。CGTNは、この規定に反し中国共産党の管理下にある機関によってコントロールされていると認定したもの。

 


米国では、中国メディアに対して厳しいチェックを行い、報道機関として認定せず別扱いになっている。中国政府の管理下にあり、報道機関でなく宣伝機関という扱いだ。英国が、中国の放送局に与えていた放送免許を取り消したことで、中国と西側との対立は本格化する気配となってきた。

 

『ロイター』(2月12日付)は、「中国、BBCワールドの国内放送禁止 英当局の措置受け」と題する記事を掲載した。

 

中国の放送行政を担う国家広播電視総局は12日、英BBCワールドニュースの中国国内での放送を禁止したと発表した。BBCワールドは、中国の一部ホテルや住宅で利用されている。

 

(2)「中国当局の発表を受け、香港でも、公共ラジオ放送の香港電台(RTHK)がBBCからの中継放送を12日から一時停止すると発表した。中国当局の決定について、BBCは失望を表明。「BBCは世界で最も信頼される国際放送局であり、世界各地から公平かつ偏見のない客観的な報道を行っている」とした。またラーブ外相も、報道の自由を奪うもので受け入れ難いと反発。「中国はメディアやインターネットの自由について世界中で最も厳しい規制をかけている。BBCの放送禁止は世界中からの中国に対する評価を損なうだけだ」と述べた」

 

BBC放送は、中国と香港で放送禁止となった。香港では、視聴者が多いであろうから、受けるダメージは大きい。

 


(3)「米国務省のプライス報道官は定例会見で中国側の決定を非難。「中国が国内で自由に活動できるメディアを制限する一方で、中国政府首脳が海外の自由で開かれたメディア環境を利用して誤った情報を拡散しているのは問題だ」と述べた」

 

米国務省報道官も、今回の中国の措置を非難した。下線部のように、海外メディアを利用して誤った情報を拡散している、としている。

 

欧州越境テレビ条約(ECTT)の規定では、放送局が同条約加盟国の中の一つの国で放送免許を取得すれば、他の加盟国でも放送できるルールである。英放送通信庁(Ofcom)がこれまでCGTNに対して放送免許を付与していたため、ボーダフォン・ドイツはドイツ国内でのCGTNの放送権を持っていた。

 


ボーダフォン・ドイツは2月12日の声明で、合法な放送免許がないため、ドイツ国内の一部地域のケーブルテレビでCGTNの番組放送を停止したと示した。放送再開に向けて、現在、同社とドイツ政府とCGTN側の担当者が協議しているという。
今後、英国の免許が欧州他国にも適用されるため、欧州全域でCGTNの放送が中止される可能性が出てきた。

 

この問題が現実となれば、中国CGTNは欧州全域での放送から締め出される。中国共産党は、巧妙なプロパガンダを行ってきただけに受ける打撃も大きい。こうして、中国は先進国から閉出されてゆくに違いない。