a0960_008567_m
   


文政権は、北朝鮮を「主敵」の地位から外した。これが、韓国軍の士気低下を招いている。38度線の向こうに、韓国を侵略した北朝鮮軍が大量の武器で今なお存在しながら、これを主敵と見ないと言うのだ。こういう「言い逃れ」が、韓国軍の北朝鮮軍への警戒心を弛緩させている。

 

具体的には、従来になく脱北者が38度線を簡単に越えていることだ。脱北者が、北朝鮮軍であったならば、ゾッとする思いであろう。韓国軍の士気低下が著しく進んでいる証拠であろう。文大統領は就任後、国民に対して良いことを何もしない大統領である。

 

『朝鮮日報』(2月24日付)は、「現在韓国軍は内部崩壊の状態にある」と題する社説を掲載した。

 

今月16日にある北朝鮮男性が東海岸を通じて帰順したが、これはほぼ崩壊状態にある韓国軍の実情を赤裸々に示す出来事だった。韓国軍合同参謀本部が23日に発表した内容によると、この北朝鮮男性が韓国側の海岸を歩いて南に移動する際、監視カメラに10回も撮影されていたが、韓国軍はその8回目まで事態を全く把握できていなかった。前方の監視カメラでは2回にわたり警告灯と警告音が作動したが、監視兵は特に理由もなく風が原因の誤作動と勝手に判断してこれを無視した。幹部は電話中だった。最初から警戒をしていなかったのだ。任務を遂行しない部隊はここだけだろうか。決してそんなことはないだろう。

 


問題の北朝鮮男性は5~6キロの距離を3時間以上かけて歩き、民間人統制ライン付近まで南下したが、最初に識別されてから師団長に報告されるまで34分もかかった。武装した敵軍が侵入していればどうなっていただろう。北朝鮮男性は海岸に設置されている鉄柵下の排水路に入り込んだ。ところが現場の部隊はこの排水路の存在そのものをこれまで知らなかったという。

 

(1)「地形や地雷の危険性などから把握が難しかったと言い訳している。兵士が自ら担当する地域の中で、「行きにくくて危険」という理由で行ったことがない場所があるというのだ。昨年7月にはある脱北民が西海の鉄柵下にある排水路を通って越北したが、この時も合同参謀本部は現場の部隊全体に排水路の確認を指示した。ところが今回問題となった師団は問題の排水路を確認もせず、「問題なし」と報告していた。合同参謀本部の命令さえ聞き流しているのだ。これではもはや軍隊とは言えない」

 

このパラグラフで印されている事実は、韓国軍がサラリーマン化している証拠である。文政権は、北朝鮮が主敵でないと宣言している以上、敵でない北朝鮮へ鋭敏に対応するはずがない。問題の根源は、文政権にある。

 

(2)「合同参謀本部は「事態を深刻に認識している」とした上で「根本的な対策にあたる」と約束した。古いレコードが回っているような感覚だ。昨年の脱北民越北事件でも合同参謀本部議長は国会で「事態を深刻に認識している」として「根本的な対策にあたる」と誓った。「厳正な対処」「厳しい調査」「責任を痛感」などの言葉も、問題が発生するたびにオウムのように繰り返されているが、これらがわずか1回でも守られたことはない。今やこの種の言葉を聞くと国民はもちろん、兵士たちでさえ内心苦笑いをしていることだろう」

 

北朝鮮軍が主敵でない以上、警戒心が弛緩するのは当然のこと。間違いの元は、北朝鮮に対する主敵の看板を降ろしたことにある。

 

(3)「このように初歩的な警戒さえできない軍隊が、戦時作戦統制権(注:統帥権)の移管を急いでいる。核兵器を保有する北朝鮮と全面戦争が起こった場合、核抑止力を全く持たない韓国軍が核抑止力を持つ米軍を指揮するというのだ。これに米国が同意するだろうか。このようなナンセンスについては驚くべきことに韓国軍が先頭に立っている。軍人でありながら国を守ることをせず、国内の政治宣伝に没頭する大統領にこびを売っているのだ」

 

精神的に言えば、韓国軍は北朝鮮軍に対して「腑抜け」状態になっている。こういう軍隊は、「インド太平洋戦略」のクアッド(日米豪印)に加えても、足手まといになるだけだろう。在韓米軍が韓国軍に統帥権を与えても、機能しないことは明白である。むしろ、弊害だけが出てきて、北朝鮮軍に敗北する最悪状態を招くに違いない。

 


(4)「最も重要な韓米合同軍事演習は、すでにコンピュータ・ゲームのように変わってしまった。政権が行う南北ショーと平和ショーにより、韓国軍は事実上、精神的な武装解除に向かっており、今では「軍事力ではなく対話で国を守る」「韓米訓練については北と協議する」とまで言い出した。元在韓米軍司令官は現状について「このままでは北朝鮮に服属する」と指摘したが、この警告を誰が聞き流せるだろうか」

 

文政権の国防意識は、ゼロ以下であろう。「軍事力ではなく対話で国を守る」などという話は、童話の世界である。自衛権は、国家存立の基本概念である。それさえ捨てて、北朝鮮と統一したいという文政権の存在に嘆息するほかない。