a0960_008572_m
   

村民全員に一軒家や自動車を給付する「中国一の金持ち村」で名を知られている中国江蘇省華西村は近年、凋落の一途をたどっている。2月24日から、村営複合企業「江蘇華西集団公司」(以下は華西集団)の経営状況を懸念した村民は、出資金返還を求めて、手続きが行われる村の指定場所に殺到していたことがわかった。

 

華西集団は208社の子会社を持ち、鉄鋼、化学、アパレル、金融など各分野に進出している。そのうち、江蘇華西村股份有限公司は1999年、深圳証券取引所で新規上場を果たした。中国国内で初めて、村の名前を冠した企業が上場したもの。中国当局はこれまで、華西集団について「全国郷鎮企業中の先進企業」などと称賛し、2020年に同村を「社会主義新農村建設の模範」と位置づけ、大々的に宣伝したほどである。

 

華西集団は、鉄鋼、化学、アパレル、金融など各分野に進出していると言う。これら分野のうち、どれが不振であるかは不明である。ただ、素材産業と金融(多分、シャドウバンキングへの出資か)であるだけに景気変動に敏感な分野である。パンデミックの影響を受けていることは否定し難く、ついにその激動の波に飲み込まれたと言えよう。

 

『大紀元』(3月2日付)は、「『中国一の金持ち村』の村営企業が資金難か 村民らが出資金取り戻しに殺到」と題する記事を掲載した。

 

(1)「中国メディア『封面新聞』などによれば、華西集団は2月24日、出資者への資金返却を行った。また、出資金の配当率は同日から、契約当時に約束された30%から0.5%となった。1人の村民は『封面新聞』に対して、配当率の引き下げを当日初めて知らされたと訴えた。同村民によると、高配当のため、多くの村民は、1年や3年の契約で、華西集団に出資していた。配当率の急減を知った他の村民は24日から、資金返却手続きが行われる村の広場に押し寄せ、雨の中で長い列をつくった。同社は、配当率の大幅減について説明していないという。多くの村民は、元本だけでも良いから資金を取り戻したいと話した。封面新聞によると、別の村民は「騙された」と憤った」

 

華西集団は、村民から高利の契約で資金を集めてきた。従来は30%の利息をつけてきたという。こういう高利でも運用できたのは、非正規であるシャドウバンキング(影の銀行)で高利運用ができたので30%の利息を支払えたに相違ない。現在は、シャドウバンキングの取り締まりが厳しくなっている。その結果、30%の出資金利が0.5%に引き下げられたのであろう。

 

(2)「華西村党委員会の担当者は、「外部からの資金が満期となったため、返済を行った」と説明した上、同社の「資金は十分にある」と強調し、村民が懸念する資金難を否定した。中国メディア「中国経営報」は2019年3月、華西集団の資金難について独自報道を行った。報道によると、江蘇省江陰市当局は、華西集団の「流動性困難」に関して市幹部らを召集し対策会議を開いた。公開資料では、2018年に華西集団の総資産は約548億元で、負債が約370億元だった。負債率は約67%」

 

「外部からの資金が満期となったため、返済を行った」というのは、シャドウバンキングへの出資を指している。企業への出資であれば、30%の利息など支払えるはずがない。負債比率は約67%というが間違えている。負債比率とは、自己資本に対する負債の比率であるからだ。そこで、改めて正しい「負債比率」を計算した。

総資産 548億元

負債  370億元

純資産 178億元

負債÷純資産=負債比率である。つまり「370÷178=2.078」である。正しい負債比率は207.8%となる。倒産状態を示しているのだ。

 

(3)「中国当局はこれまで、華西集団について「全国郷鎮企業中の先進企業」などと称賛し、2020年に同村を「社会主義新農村建設の模範」と位置づけ、大々的に宣伝した。華西村の村民委員会は華西集団の株式99.9%を保有し、実質的な経営権を握っている。華西集団の設立を主導したのは呉仁宝・前村党委員会書記だ。2013年に同氏が亡くなった後、息子の呉協恩氏が村党委員会書記に任命され、華西集団の会長を務めた。呉仁宝氏の他の3人の息子と1人の娘も、華西集団の幹部や子会社の社長を務めている」

 

中国政府は、華西集団を「全国郷鎮企業中の先進企業」と称えてきた。現実は、「流動性困難」に陥っていたのである。こういう、見当違いで表彰された郷鎮企業(注:村営企業)が多数あるに違いない。崩れゆく中国経済の末端で、修羅場が起こっている。中国は、確実に空中分解が始まっている。騙されてはいけないのだ。

 

次の記事もご参考に。

2021-03-01

メルマガ236号 内外で「凶暴化」する習近平 海警船で狙う尖閣、アント金融弾圧の「

2021-03-01

中国、「脱貧困宣言」習近平、来年の国家主席続投狙い宣伝開始、農民は「噓ばっかり」