114
   

韓国は、10月12日の為替相場でウォンが一時、1ドル1200ウォンを割り込み、韓国銀行(中央銀行)が介入示唆するなど緊張している。ウォンが1200ウォンを大きく割り込めば、これまでの例から通貨危機になりかねず、韓国経済は大混乱に陥る。過去2回、通貨危機を経験している。

 

『中央日報』(10月13日付)は、「インフレ恐怖でウォンが一時1200ウォンまで下落 サムスン電子の株価も7万ウォン下回る」と題する記事を掲載した。

 

「スーパードル」時代が近づいている。新型コロナウイルスによる世界的なサプライチェーンのボトルネック現象に国際原油価格など原材料価格急騰で世界的にインフレ(物価上昇)過熱の兆しが現れてだ。


(1)「12日のソウル外国為替市場でウォン相場は1年2カ月ぶりに取引時間中に1ドル=1200ウォン水準まで値を下げた。この日の相場は前取引日より4.20ウォン(0.35%)のウォン安ドル高となる1ドル=1198.80ウォンで取引を終えた。昨年7月28日に記録した1201.00ウォンから14カ月来のウォン安水準だ。ドルの価値を引き上げるのは長期化するインフレの恐怖だ。新韓銀行エコノミストのペク・ソクヒョン氏は「インフレの懸念などからドル高が続き、当分ウォン相場が1ドル=1200ウォン水準で推移しそうだ」と話した」

 

13日のウォン相場は落ち着いてきた。1200ウォンを割り込む勢いは見せていない。韓国銀行の介入発言が出た後だけに、売り方は慎重に構えている様子が窺える。

 

(2)「物価上昇は「インフレファイター」である中央銀行の本能を呼び覚ますかもしれない。米連邦準備制度理事会(FRB)が金利引き上げなど緊縮タイムテーブルを前倒しする恐れがあるとの不安感が市場金利とドルを引き上げている。ブルームバーグによると10年物米国債利回りは11日に1.61%台まで上がった。6月以降で最高値だ。KTB投資証券のキム・ハンジン研究委員は「FRBの通貨緊縮への懸念からドル高の動きが本格化するだろう。年末までウォン相場は対ドルで1250ウォンまで下落する恐れがある」と予想した」

 

米国が、インフレ対策を急ぐようであればウォン売りを誘うであろう。年末までに1ドル1250ウォンを予想する声も出はじめた。そうなれば、FRBへドルの緊急融資を仰ぐ形になろう。韓国の外貨準備は、すぐに換金できる資産が少ないので、緊急支援先がなければ売り方につけ込まれるのだ。

 

こういう脆弱な韓国経済が、日本を抜くなどと見境ない発言を繰返している。身のほど知らずの暴言である。日本が、世界一の対外純資産国であることを知らないのだ。無知ほど怖い物はない。

 

(3)「物価上昇と景気萎縮が同時に進むかもしれないというスタグフレーションの懸念もリスク資産選好心理を冷え込ませている。10日に投資銀行のゴールドマン・サックスが今年の米国の経済成長見通しをこれまでの5.7%から5.6%に、来年の見通しも4.4%から4.0%に下方修正した。景気浮揚策規模が減り、消費回復が予想より遅れるという理由からだ」

 

米国経済もインフレの影響が出はじめている。韓国は、この動向に気が抜けない局面になってきた。米国が利上げに走れば、韓国も追随せざるを得ない。韓国経済には強いプレッシャーが掛かる。

 

(4)「外国人投資家の韓国株式市場離れもウォン下落を圧迫している。外国人投資家がこの6取引日の間に2兆ウォン以上の株式を売りKOSPIも力を失っている。12日の韓国総合株価指数(KOSPI)は前取引日より1.35%下落した2916.38で取引を終えた。この日個人投資家は単独で1兆32億ウォン相当を買い越したが外国人投資家の8508億ウォン、機関投資家の1999億ウォンの売り攻勢を防ぐには力不足だった」

 

韓国株価の下落は、韓国で借金して株を買っている若者の懐を一段と苦しめる。これは、次期大統領選で与党に不利に働くはずだ。文政権にとって、良いことは一つもない。

 

(5)「この日外国人投資家が、最も多く売った銘柄であるサムスン電子である。前取引日より3.5%下落して6万9000ウォンを記録した。終値基準でサムスン電子の株価が7万ウォンを割り込んだのは昨年12月3日以来だ。外国人投資家が売った7633億ウォンと機関投資家が売った980億ウォン分の株は、個人投資家が8430億ウォン分を買いすべて吸収した。相続税納付に向けた売却ショックでサムスングループの株価も軒並み下落した。10カ月ぶりに6万ウォン台となったサムスン電子をはじめ、サムスン物産が2.87%、サムスン生命が3.36%、サムスンSDSが6.54%値を下げるなど系列会社の株価は急落した」

 

韓国を象徴する唯一の銘柄は、サムスンである。そのサムスンが売られている。国内では、外国人の売ったサムスンを買っている。「サムスン信仰」の表れである。「休むも相場」という言葉がある。相場の格言は、過去の経験の集大成である。見過ごしては危険だ。