14
   

中国包囲網が、ジリジリと狭まってきた感じである。「クアッド」(日米豪印)は、中国の海上における不法行為を取り締るべく、リアルタイムで中国船舶の動向を把握して、即刻対応するシステムを構築することになった。

 

これまでの中国は、他国領有の島嶼を奪い取る手法として、漁民を装った部隊を上陸させ、後から正規の中国軍が「漁民保護」名目で上陸する巧妙な手法をとってきた。こういう不法行為を断ち切るには、海上での24時間監視システムが必要である。南シナ海で、中国と領有権を争うベトナムやフィリピンなどとの連携を想定したものだ。

 


韓国紙『東亞日報』(5月25日付)は、「クアッド、インド太平洋の船舶をリアルタイムで追跡監視へ 海上の中国包囲網を構築」と題する記事を掲載した。

 

米国主導のインド太平洋安全保障協力枠組み「クアッド(Quad)」が24日、東京で行われた首脳会議で、中国の海上活動に対するリアルタイムの監視システムを導入することにしたことは、中国の海上覇権の追求を遮断するという明白な信号とみられる。

 

(1)「台湾海峡と尖閣諸島(中国名・釣魚島)がある東シナ海、中国と東南アジア諸国が領有権で争う南シナ海や太平洋など、中国周辺の海で包囲網を構築するということだ。特に、中国が海上領有権紛争地域に、事実上の準海軍部隊である海上民兵隊を派遣する「グレー戦術」を展開しており、クアッドはこれらの活動を阻止する計画だ」

 

中国は、漁民を準軍事組織に組入れている。他国所有の島嶼奪取の先兵に利用しているのだ。一見、漁船に見えるので安心していると、実際は武装した漁民である。昨年は、長期にわたりフィリピン所有の島嶼付近に何十艘もの漁船を停泊させて威圧した。フィリピン軍が、立ち去れば占拠する計画であったと思われる。

 


(2)「クアッド首脳たちが合意した人工衛星基盤のリアルタイムの海洋追跡システムは、自動船舶識別装置(AIS)を消して移動する中国船舶の不法操業だけでなく、中国海軍の活動を支援する海上民兵隊の活動をリアルタイムで追跡し抑制する。南シナ海ではシンガポール、インド洋ではインド、南太平洋ではソロモン諸島とバヌアツに設置された拠点基地を通じて衛星基盤海洋追跡システムを構築すると、バイデン政権は明らかにした」

 

下線のように、シンガポール、インド、ソロモン諸島、バヌアツに設置される拠点基地を通じて衛星基盤海洋追跡システムを構築する。海上における中国の不穏な動きを即時、キャッチするというもの。中国への海上包囲網である。

 

(3)「中国の海上民兵隊だけでなく、中国軍艦の移動もリアルタイムの追跡と監視が可能になる見通しだ。青い制服を着て「リトル・ブルーマン」と呼ばれる海上民兵隊は、中国海軍の教育と支援を受ける準海軍部隊だ。中国は、南シナ海など領有権紛争地域に海上民兵隊を不法操業の船舶と共に投じ、他国の海域への進入を阻止する戦術を展開している。中国の黙認の下、東シナ海などで対北朝鮮制裁を違反し、洋上で違法に物資を積み替える「瀬取り」を行っている北朝鮮船舶に対する監視も一層強化されるものとみられる」

 

海上を移動する中国の「物体」は、すべて監視対象になる。中国は、海の上だから発見されまいと高を括っていると、衛星からキャッチされることになる。北朝鮮による「瀬取り」も監視されて、現場を押さえられることになろう。

 


(4)「バイデン大統領はクアッド首脳会議で、「世界が転換的な瞬間を迎えた」とし、「私たちは暗い時代を生きている」と述べた。また、「民主主義対権威主義の構図であるウクライナ戦争は欧州だけの問題ではなく世界の問題だ」と強調した。岸田文雄首相は、「インド太平洋で同じようなことを決して起こさせてはならない」と述べた」

 

クアッドは、中国問題を民主主義対権威主義の構図として捉えている。中国は、中ロ首脳会談における共同発表「限りない友情」が、「中ロ枢軸」を裏づけるとして警戒感を強めているのだ。現に、中国は次々と勢力圏拡大に動いており、クアッドの警戒心を高めている。



(5)「クアッドはまた、中国の華為技術(ファーウェイ)などが主導している第5世代(5G)移動通信装備の市場からの中国排除に向けた先端技術協力の強化にも合意した。インド太平洋経済枠組み(IPEF)発足に続き、クアッド首脳会議を通じて、中国に対する貿易・技術・海上安全保障など全方向の牽制体制を構築したのだ。クアッドは、核心技術のサプライチェーン(供給網)に対する共通原則を発表し、5G移動通信供給業者の多様化はもとより、中国が掌握した通信装備に依存しないよう無線接続網を開放型に変える「オープンRAN(Open Ran)」に向けて協力に乗り出す計画だ」

中国は、ファーウェイの5Gを使って世界的に諜報活動を展開する予定であったが、米国を中心とする西側諸国によって事前に遮断された。なぜこのような、姑息な手段を用いて対抗しようとするのか。共産主義に名を借りた権威主義によって、一党独裁を世界に広める動機に基づくものだが、世界史の動きに逆行する「あがき」に見えるのである。共産党員だけが、栄耀栄華の生活を保障される共産主義に、未来永劫性を求めるのは、余りにも幼稚な動きに映るのである。